人気ブログランキング |

『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2019年 09月 28日

Ordinaire  赤 2016


赤ワインが素敵な季節となってまいりました。

小布施ワイナリーさんの 『 オーディネール 赤 2016 』 をいただきました。
これ、いただきものです。

d0041872_11223192.jpg
小生は、ここのワイナリーのことは、まったく知りませんでした。
アルコール度数は、13% 。
色は、鮮やかなルビー色。 で、濁りは、ありません。
裏のラベルを見ますと、このワインにするためのブドウの品質にこだわっていらっしゃることが記述されております。

全文を記述させていただきます。
「 ドメーヌカクトウ(カクトウ農園)は私達が尊敬する佐藤父子の父 宗和氏が栽培しているワイン畑です。 またドメーヌカクトウのオーナー大久保氏はおしみないワイン畑の投資を続けています。この畑は小布施ワイナリー自社農場(Domaine Soga)と隣接し微気候や土壌の物性もほぼ同じ。栽培も小布施ワイナリーと同じヨーロッパ式の垣根仕立てです。ただ面白いことにこのワインは Domaine Soga のワインとは個性が異なります。飲みいただければ如何にヴィニュロンの思想と土壌がワインに反映するかがお解りいただける筈です。佐藤父子とは毎朝畑で会えるため葡萄の品質連携し、醸造は小布施ワイナリー(soga pere et fils) が葡萄の個性を削がないよう責任をもっておこなっています。」

引き続き、造り手のこの年のこのワイン醸造への考え方ことの記述がありますので、記述させてもらいます。
「 2016年は酷暑と収穫時の降雨により難しい秋でしたがワイナリー内の選果を例年以上に行い腐敗果を処分しました。また濃い色合いを求めず最低限のピジャージュ、低温ホールベリー発行をしました。「すべて出し切らずに絞り粕を捨てるなど勿体ない」との考えもありますが余力を残した醸造は飲み手に「癒やし」をもたらすこともあるかもしれません。」と。

なんとまあ、造り手のこのワインに対する思いが籠っていることか、と思わざるを得ません。
そのことは、以上の記述の後に、
「相変わらず自意識過剰かつ押しつけがましく言い訳がましい文言、さらに同意反復など不適切な文法ご容赦ください。」と申し訳なさそうな文章が書かれています。

ところで、本題、飲んだ感想ですが、
コルク栓、長いです。
香りは、穏やかなベリー系の香りです。思ったより香りが軽いでしょうか。小生が知っているメルロー種特有の土っぽい香りは全く感じないので、上品に思えます。
味は、程よい酸味で、軽いです。
バランスは、素晴らしいのではないでしょうか。
至福の一杯です。 



by kintokijp | 2019-09-28 12:12 | ワイン類 | Trackback | Comments(0)