人気ブログランキング |

『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ

2005年 07月 22日 ( 1 )


2005年 07月 22日

『食とウイスキー』の関係

 「ウイスキーって、食事と合うの?」と聞かれたら、みなさんは、何とお答えになるのだろうか。

 かつて、日本では、食事に合うようなウイスキーの飲み方をサントリーさんが一生懸命宣伝された。今でもそうである。但し、今では、ニッカさんも、キリンディステラリーさんも食事に合うようなウイスキーの販売や開発をされている。

 私も、生意気にもいろいろと試している。

 ウイスキーは、もともとアイルランドが発祥の地と言われている。アイルランドも日本がお手本にしたスコットランドも、肉を食べる文化だ。日本人が、よく肉を食べるようになったのは、ここ40年くらいだろうか。もともとは、周りが海に囲まれた島国。それゆえ、海岸に近いところでは、魚がよく食べられたであろうし、内陸では、めったに魚にありつくことはなかったであろう。内陸では、野や山に生えている植物を食べたであろう。日本の畜産文化の歴史は、スコットランドなどに比べれば、浅いだろう。

 このように考えるならば、ウイスキーと畜産あるいは、酪農製品との相性は、良いわけである。

 日本人が口にする和食を主体とする食品との相性になるのだが、私が試したことから、私なりに言わせてもらうならば、

・焼き魚・・・・・・・・アイラのシングルモルトの水割り(ヨードの香りがするもの)
・野菜の煮物・・・・スペイサイドのシングルモルトの水割り(甘い香りがするもの)
・サラダ・・・・・・・・軽い感じのブレンデッドウイスキーの水割り
・刺身・・・・・・・・・モルティーな感じのブレンデッドウイスキーの水割り
・中華(煮物)・・・・スペイサイドのシングルモルト(シェリーの香りのするもの)
・中華(揚げ物)・・ハイランドのシングルモルト(ややピーティーなもの)
・デザート・・・・・・・スペイサイドのシングルモルト

 大雑把ではあるが、食とウイスキーとの取り合わせは、このような印象だ。これは、あくまで、私個人の印象であることをお断りしておく。みなさんは、如何であろうか。教えていただくことが出来れば、ありがたい。

 おまけであるが、バニラアイスクリームに、ハイランドもしくは、スペイサイドのシングルモルトを数的落とすと、あらら不思議なことにおいしくなる。是非お試しあれ!

 このようにご自分で食とどのウイスキーが合うか、いろいろと試されるのも面白い遊びだと思うのであるが、如何なものだろうか。遊びとして、是非試していただければと思う。

 ちなみに、食とウイスキーとの関係について次のところをご参考にされては、如何であろうか。 http://www.suntory.co.jp/whisky/museum/enter/tuchiya/

by kintokijp | 2005-07-22 23:41 | グルメ | Trackback | Comments(0)