人気ブログランキング |

『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ

2005年 06月 17日 ( 2 )


2005年 06月 17日

『ウイスキーと私』が手に入った!

 正直言っていつこの竹鶴政孝氏が執筆された『ウイスキーと私』を手に入れたか、不明なのであるが、この頃かもしれない、と自信なく思っている。

 この本は、ニッカさんが、インターネットを通じて倉庫を整理していたら、出てきたので送料を送ってもらったら、譲るという呼びかけであった。いわゆるファンサービスである。私もお願いした。綺麗でしっかりした白いハードカバーで、しかも箱入りであった。立派なのには、驚いた。私が譲っていただいたのは、昭和56年版の第8版であった。ということは、かなりの量が世に出ているということである。

 この本は、竹鶴政孝氏が、日本経済新聞社の「私の履歴書」に一月連載されたものを基にし、若干の補筆をされ、ニッカさんが発行者となり世に出たものである。非売品となっているので、おそらく販売促進や宣伝、会社から関係者へ配られたものであろう。

 ニッカファンやウイスキーファン、ウイスキー研究者ならば、喉から手が出るほど欲しいものに相違ない。なぜならば、日本で最初にウイスキーを造った人物が自身で記した記録であるからだ。中の42枚の写真も大変貴重なものであろう。惜しいかな、今では古書店でしか入手できない。

d0041872_22443059.jpg


by kintokijp | 2005-06-17 22:45 | ウイスキー | Trackback(1) | Comments(0)
2005年 06月 17日

日本のウイスキー誕生についての物語

 この2度目の余市詣の際にウイスキー博物館へも寄った。ここで既に絶版となっていた川又一英著による『ヒゲのウヰスキー誕生す』(新潮社)があったので買い求めた。

 この本は、日本のウイスキーが、辛苦の末に誕生ししたか、そしてニッカさんの誕生、創業、そして今日に至る基礎ができた物語で、大変興味を持って読むことができるものである。主人公の竹鶴政孝氏の伝記でもある。主人公が、生き生きとして描かれているのは、川又氏の作家としての筆によるものであろう。この本が絶版となっているのが、惜しい。
d0041872_8355757.jpg


by kintokijp | 2005-06-17 08:38 | ウイスキー | Trackback(1) | Comments(0)