人気ブログランキング |

『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ

2005年 06月 06日 ( 1 )


2005年 06月 06日

『10年モルト原酒づくり』へ参加する

 2000年6月16日(金)にサントリーさんの白州蒸留所で催された『10年モルト原酒づくり』に参加させてもらった。これも参加費は、¥10000だったと記憶している。

 この時は、時の工場長さんとこの行事が始まる一時間前にお会いさせていただく予定であったが、私がとん馬なことをしたたため、行事の開始時刻にやっと間に合うという失態をしでかした。お会いして、いろいろと伺わせていただく予定だった。とん馬なこと=気持ちが良いので、小淵沢駅から歩いて白州蒸留所まで行ったのであった。完全に距離を見誤ったのであった。(その時は、歩いてきました、なんて申し上げられませんでした。すみませんでした。)

 ゲストルームで、ウイスキーの工程について、簡単な説明があった。

 今回は、工程の見学が長かった。90分

 数種類(3種類)のモルトのテイスティング。早い話が、この樽で熟成させると、このような香りと味になるよ、というテイスティングであった。このうちどれを選択するか、全員の投票となった。
確か、シェリーカスクに決定したかと記憶している。私個人は、バーボンカスクへ投票した。シェリーカスクは、ちと苦手である。何がとは、ここでは、申し上げることとしない。約60分。

 つぎに、場所を外に移し、ニューポットをシェリー樽へ詰めた。いわゆる、シェリーバットではなく、この人数に合わせ改造したと思われるシェリー樽である。40分くらいか。

d0041872_2137277.jpg

 最後に、樽の前で記念撮影、そして、ゲストルームでの懇親会となった。
10年後、どのように変化しているのだろうか。夢のある催しであった。が、ニッカさんとの大きな違いは、いわゆる働いた!、と言う感じがないことであるが、樽を参加者の多数決ではあるが、選択できる、という魅力があった催しであった。

 現在、すでに半分の5年が経過しようとしている。

by kintokijp | 2005-06-06 21:24 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)