『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 15日

ジョニーウォーカー黒ラベル・100周年記念ボトル

 先日、購入した 『 ジョニーウォーカー黒ラベル・100周年記念ボトル 』 をご紹介します。
d0041872_1115134.jpg

もう、 「 ジョニーウォーカー 」 ( Johnnie walker ) と言えば、ウイスキーをお飲みにならない方でも、英国のウイスキーのことをご存じない方でも、その名は、広く知られた超有名ブランドですね。

今、ウイスキー業界の巨人の デイアジオ社の傘下にはいっています。

このラインナップには、
・ 赤(レッド)ラベル (キーモルト:タリスカー、ブレンデッド数は、35種)
・ 黒(ブラック)ラベル (キーモルト:カリラ、カデュー、ラガブリン、ブレンデッド数12種以上)
・ 金(ゴールド)ラベル (キーモルト:クライヌッリシュ、18年以上の熟成のもの15種以上)
・ 青(ブルー)ラベル (キーモルト:ロイヤルロッホナガー、古酒をブレンド) 
 が通常あります。 

他に、ピュアモルトの 緑(グリーン)ラベル、スゥイング、プレミア などがあります。 

この ジョニーウォーカー の生みの親とも言える、 ウォーカー&サンズ社の創業は、1820年。 創業者の息子アレキサンダーがブレンデッドウイスキーを作り始めたようです。 まだ、 有名な 「ジョニーウォーカー」 は、誕生していません。

さらに、その息子が跡を継ぎます。 この息子の名は、アレキサンダー2世。 この人が、後に有名になる 「ジョニーウォーカー」 と言う名称を正式なものとしたようです。 それが、1909年であったと言います。(以上の歴史的記述は、「ブレンデッドスコッチ大全:土屋守 1999」による)

で、この100周年記念ボトルは、100周年記念と言うことで、特別ボトルで限定生産された製品だそうです。 アルコール度数:40%、750ml。

ボトル、パッケージ共デザインは、素晴らしいと思います。
黒色ガラスに金色のシンボルマークである「ストライデングマン」が真ん中に印刷されています。

お値段的には、お求めやすい価額だと思います。
 
[PR]

by kintokijp | 2009-02-15 11:01 | ウイスキー | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://whiskies.exblog.jp/tb/9342659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 呑んだくれ at 2009-02-15 11:46 x
13日から東京出張で、
出張前に、うめだ阪急でハイランドパーク40年をいただき、
新幹線で呑むつもりで
タプロース21年と、同じジョニーウォーカーを買いました。
結局、ハイランドパーク40年他の酔いが回って
爆睡してました。
Commented by Rタロと♀子の父 at 2009-02-16 06:40 x
こんなの出ていたんですね。知りませんでした。
中身は同じ?ですよね? でもちょっとほしいです。
Commented by 足柄山の金太郎 at 2009-02-17 19:10 x
呑んだくれ さん いらっしゃいませ・・・
おお、懐豊、そして、体力もおありで、羨ましい・・・・
 「ハイランドパーク40年」飲みたい~・・・・ね。
お体に気をつけて呑みましょう・・・
Commented by 足柄山の金太郎 at 2009-02-17 19:13 x
Rタロと♀子の父さん いらっしゃい・・・・
同じです。 ただ、アニバーサリーと言うことで、一応限定品だそうです。
あちこちで見るから、多分本数的にはかなりの量かと思いますが・・・・
3k~4kの間ですよ。 一本如何ですか・・・・


<< 大切な 「バレンタインチョコ」...      Kintarou's ... >>