『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 22日

” THE Whisky World vol.18 ” 

” THE Whisky World vol.18 ” が先週(9月16日?)送られてきました。 
d0041872_963526.jpg


特集その1は、このところ続いている Bar 特集で、今回は、吉祥寺を扱ってます。 タイトルは、「吉祥寄り道」。 9軒のお店をレポートしてます。

その次は、蒸留所最新レポートで、「 スコッチの現場から 」として、グレンゴイン蒸留所、グレンマレイ蒸留所、そしてザ・グレンリベット蒸留所のレポートです。ザ・グレンリベット蒸留所だけ2ページもその歴史に割いています。

その次には、編集人が趣味とされているのは、「釣り」でありますが、釣りマニアにとっても、憧れの地の日光にスポットを当て、ウイスキーと歴史を絡めた、「 日光鱒釣り紳士とウイスキー 」と題し、かのグラバー邸で有名なその人グラバー氏に人物スポットを当て、グラバー氏が、日光の発展に寄与されたことが書かれている。もちろん、貴重ないくつかの写真も掲載されている。 「 日光鱒釣紳士物語 」の著者の福田氏と編集人との対談は、興味をそそられるものとなっている。

さらに、「 謎 」 シリーズは、今回、「 スキャパ湾をめぐる英・独の攻防の謎に迫る 」とのタイトル歴史的なお話です。 (この話は、かつて私は、どこかのセミナーで聞いた内容でした)

さて、シリズの「 酒場紀行 」の今回は、宇都宮を扱ってます。 宇都宮と言えば、餃子が有名ですが、面白いものに、「カレー餃子丼」と言う食べ物の写真が掲載されていました。

さらに、「 ダルモアの新商品を飲み比べ 」とのことで、 リニューアルしたダルモアのテイスティングレポートです。 まだ、私は、新しいダルモアは、飲んでいませんので関心があります。

そして、読者さんのお楽しみのひとつの 「 話題のボトルを飲む 」です。
今回は、18種類。 個人的に関心があったのが、 ザ・バルヴェニー12年・シグネチュア・バッチ#001、ラフロイグ・カーディス(17年)、山崎梅酒樽後熟でした。

「 竹鶴ノートを読み解く 」 の3回目。 製麦についての解釈です。

未だ他にも記事がありますよ。

この雑誌のスタイルは、だいたいこのようなものですが、毎回盛り沢山です。 それも、旬のものが、多いのに気がつかれたでしょう。 

ウイスキーの旬の情報を片手に今宵もウイスキーは、いかがですか。

11月からは、発売が、20日になるということです。 ちょっと楽しみが伸びますね。
[PR]

by kintokijp | 2008-09-22 09:06 | 本 及び 印刷物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://whiskies.exblog.jp/tb/8649351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 『 スコッチ通信No.36 』       今は、流通していない 『 イン... >>