『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 23日

読書の 『 秋 』

もう既に、発売されてから1月以上になるだろうか。
d0041872_118375.jpg

サントリー「クォータリー」vol.84をご紹介させていただく。

この秋号の特集は、「香りと味の創造 ブレンデッドウイスキー」であった。
d0041872_1191228.jpg

「シングルモルトが自然と風土のつくり出す『個性』であるならば、人間の知恵と技の結晶がブレンデッドウイスキー。」との文章で始まり、サントリーさんのチーフブレンダーでいらっしゃる輿水氏と関西フィルさんの主席指揮者でいらっしゃる藤岡氏と、サントリーさんのブレンデッドウイスキーのフラッグシップと言える 『 響 』 の30年、21年、17年を味わいながらの対談で、特集の幕が開かれている。

次が、「ブレンダー、森へ行く『ドングリと100万本の花』、「グレーンウイスキーが紡ぐ未来」、茂木健一郎氏の「ウイスキー随想」と興味あるコンテンツが続く。 そして「ウイスキーヒストリー」と言うサントリーさんのウイスキーの歴史がコンデンスされた記事で特集は終わっている。

後のページは、連載物。その中に私の好きな「キムのアテ」があり、今回は、「ヤキニク」。それは、簡単でしかも美味そうだ。

ウイスキーファンには、この秋の夜長の読み物として、このサントリー「クォータリー」vol.84
をお勧めしたい。
[PR]

by kintokijp | 2007-10-23 11:09 | 本 及び 印刷物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://whiskies.exblog.jp/tb/6428063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 『竹鶴』 テイスティング会      『角瓶』 が古希を迎えた >>