『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 28日

『ラム酒』のお勉強

7月7日(土)、スコ文研主催の『ラム酒』のお勉強に参加した。
場所は、恵比寿。 会場へは、遅刻。 理由は、場所が判らなかったのである。 田舎もんには、都会はつらいですな。

本日の講師は、六本木でラム専門のBarを経営されていらっしゃる 多東千恵さんである。

 何しろ、遅刻したから、ご紹介のさわりを聞いていないのだ。 誠に残念。
用意されたレジュメが、ものすごい量。 ラム酒の歴史から始まって、砂糖や言葉、どうして、ラム酒が出来上がっていったのか、製法、宗教・・・と、もうすごいのである。

多東さんは、ラム酒に魅せられた方なのだろうな。恐らく。

d0041872_9235585.jpg


かなり時間が経ってから、やっとサンプルの 『ラム酒』 にありつけた。

左から、「クレマンブラン」、「クレマンドール」、「クレマンヴュ-6年」、キューバの「サオカン」(アグアルディエンテ)、「サンチャゴ・デ・クーバ11年」、ガイアナの「ラムネーションデメララ18年」
と、6品テイスティングした。

d0041872_9241053.jpg


私的には、4つ目の「サオカン」がうまかったように感じた。

もっとも、ラム酒と言えば、製菓用に使用している、 「マイヤーズ・ラム」 (ダークとホワイトの2種類)しか知らないので、貴重な体験をさせていただいた。

 何しろ、ウイスキーは、世界中で造られるものの、主要生産地は、気候的には、温暖かやや寒い場所。 今回の『ラム酒』は、造られる原料が、糖蜜に代表されるようなものだから、暑い地域である、と言うような具合で、同じ蒸留酒でもどう違うのか興味があって参加させてもらった。

 日本でも大東島で 『ラム酒』 は、製造されています。(ここまでは、私も知っていた)
が、 『ラム酒』 自体の製法として、2つあり、一つは、砂糖きびを醗酵させた際に結晶化できなかった「糖蜜」を蒸溜する方法、今一つは、砂糖きびジュースを醗酵し、蒸溜する方法である。 大東島では、後者の方法の 『ラム酒』 を製造しているとのこと。 

 結論として、ほとんど判りませんでした。 勉強し直しだな。
[PR]

by kintokijp | 2007-07-28 09:29 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://whiskies.exblog.jp/tb/5874010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ”Whisky Magazin...      ”THE Whisky Wor... >>