『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 21日

ボウモア 12年 エニグマ

 今日は、” Bowmore 12 Enigma ” を載せてみる。 これについては、以前に 「到着した」 と言う記事を載せたと思う。

d0041872_17359100.jpg


 ご覧の通り、デザインが、白を基調とした通常のボウモアの製品群と異なって、黒いラベルであり、ボトルが入っている円筒ケースも黒である、と言う点が度肝を抜く感じとなっている。 しかも、容量は、1Lだから、でかい!

 この製品、通常は、ドイツ、オランダの免税店向けと聞いたことがあるが、実際のところは、「謎」(Enigma)である。 2004年にリリースされた。 

d0041872_1741479.jpg

 中身のウイスキーの色が、これまた濃い。 12年と言うことであるから、当然それ以上熟成を重ねたものを丁寧にバッティングしている、と思われる。 ちなみに、シェリーカスクだけか、シェリーカスクを主体にしているのかは、申し訳ないが判らない。 シェリーカスクだけをバッティングしてある製品には、 ”Darkest” があり、これは、重たい感じのシングルモルトである。

 花の香りや甘~い香りが部屋中に広がります。 そして、ご存知のクレゾール臭だが、そんなには強くない。 これを磯の香りとおっしゃる御仁もいらっしゃるが・・・。(海藻が腐るとこんな臭いがするよ。私は、海の傍に住んでいるので、風向きによってはこの臭いを嗅いでます(爆笑))

 やや甘めだろうか。 全体的には、非常に飲みやすいのではなかろうか。 お値段のことを考えたら、Very Good! 。 ”Darkest”が、フルボディーならば、これは、ミディアムボディーだろうか。

 昨晩は、これを「ソーダ」で割っていただいた。 いいですね。 「ソーダ」だけが、勝っていないのが良い。 「ソーダ」が、 "Enigma” の良いところを引き出している感じだった。 みなさんも、是非試してみられると良いでしょう。

 最後に、「アイラのものは、初めて」とおっしゃるような方やヘビーピートが苦手な方や女性などに向いているかもしれませんよ。
[PR]

by kintokijp | 2007-05-21 17:41 | ウイスキー | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://whiskies.exblog.jp/tb/5451935
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Rタロと♀子の父 at 2007-05-22 12:58 x
ソーダは生協(CO-OP)の「ただの炭酸水」をオススメします。
福岡県甘木の井戸水で作った炭酸で、まろやかでオイシイですよ。
Commented by 足柄山の金太郎 at 2007-05-23 17:14 x
Rタロと♀子の父 さん、いらしゃ~い。
そうですか。 つんつんした、ところが無いということでしょうか。 試してみましょう。
ありがとうございました。
Commented by morinikurasu at 2007-05-25 23:22
こんばんは、ボウモアは大好きなウイスキーのひとつです。
でも、飲みやすいボウモアって?・・・・
いただいてみないと分からないですよね~。
黒色のラベルもきれいだし、1リットルというのも惹かれました。
Commented by 足柄山の金太郎 at 2007-05-27 18:50 x
morinikurasuさん、いらっしゃ~い。
ボウモアは、お好きなんですね。アイラの中でも、優しい感じのウイスキーですから、ファンは多いですね。
もし、「エニグマ」を未だ、お飲みになっていらっしゃらなければ、お求め下さい。1Lサイズなのに、5000円しませんから。存在感があるデザインですよ。


<< ”Whisky Magazin...      ニッカ『グランドエイジ』 >>