人気ブログランキング |

『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ
2019年 08月 31日

サントリー 「 碧Ao 」


8月も、今日で終わりですね。

今年、4月16日に数量限定で発売となったサントリーさんの 『 碧Ao 』を取り上げてみます。

d0041872_14510160.jpg
発売直後は、なかなか入手できませんでした。これも、日本のウイスキーが、ことに限定品として、発売されたと言うことによるのでしょうかね?

最近では、ときどき見かけるようになりました。

紺碧の意味の『 碧 』と言うことでしょうね。
その通りでしょうか、パッケージも、ラベルも、紺碧色の『 碧 』です。

ボトルは、変形五角形です。
d0041872_14522741.jpg
何でも、サントリーさんの説明では、アイリッシュ、スコッチ、アメリカン、カナディアン、そしてジャパニーズのいわゆる世界の五大ウイスキーを独自のブレンドをし、新しい個性を作ったウイスキーだとのこと。五代目チーフブレンダー福與氏の手によるものだそうです。

このウイスキーが目指したものは、「五大ウイスキーの調和」だそうです。

これは、大胆な挑戦だと思いました。特徴が異なるそれぞれの地域のウイスキーを合わせ万人に楽しんでいただける、と言うのは、選択するウイスキーやそのブレンド比率、この二つをとっても大変難しいと素人でさえ思えるからです。その困難を成し遂げ、製品とされたことにリスペクトします。

d0041872_14523104.jpg

同梱の冊子には、「 碧Ao 」の原酒を生み出す、世界の蒸留所を紹介します、と記述され、
◎スコッチでは、「 アードモア蒸留所 」と「 グレンギリー蒸留所 」、◎アイリッシュでは、「 クーリー蒸留所 」、◎アメリカンでは、「 ジンビームクレアモント蒸留所 」、◎カナディアンでは、「アルバータ蒸留所 」、そして、サントリーさんの「 山崎蒸留所 」、「 白州蒸留所 」が記載されています。

・アルコール度数は、43%。
・色は、濃いめの褐色です。
・トップノートは、パイナップル、熟したパイナップルの香りがします。そして、バニラの香り、さらにウッディな香りと、それらが複雑に混じります。甘い香りです。
・味は、甘やかで、パイナップルのような感じ、その後にピリピリとしたスパイシーな胡椒のような感じで、ウッディな味わいです。全体として、甘い感じです。
・余韻は、長いと思います。甘さが続きます。

まだまだ、暑い日が続きますので、炭酸で割ったら、どうか、水割りでどうかなどと試してみたいと思います。
個人的には、ちょっと甘さが際立つウイスキーだと思うのですが、如何でしょうか?

by kintokijp | 2019-08-31 14:49 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://whiskies.exblog.jp/tb/27750118
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Ordinaire  赤 2016      ボウモア 9年 シェリーカスク... >>