人気ブログランキング |

『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 28日

『ザ・ニッカウヰスキー34年』

 現在出されている『竹鶴35年』は、その最初は、2000年であった。その『竹鶴35年』の原型とも言えるのが、『ザ・ニッカウヰスキー34年』である。

 『ザ・ニッカウヰスキー34年』1998年と1999年にそれぞれ1000本づつ出された。

 先月出された、「男の隠れ家2006年3月号」の中で、土屋守氏がジャパニーズウイスキーの「幻の4銘柄」の中一本に、この、『ザ・ニッカウヰスキー34年』の1998年版を挙げておられる。
d0041872_22491240.jpg


 これは、先日、横浜で入手した。

 このウヰスキーは、「余市蒸留所で34年以上熟成したモルト原酒と、栃木工場にて34年以上貯蔵したグレーン原酒を1:1の比率で合わせたブレンデッドウイスキー」とのことで、「40年程の長熟スコッチかと思ったほど」と氏を言わしめるほどのものであり、「モルトもさることながら、グレーンの質の高さに心底驚かされた」と驚嘆され、「これぞ僕が『もう一度飲みたい』と切に願うウイスキー」だと言われている。(男の隠れ家2006年3月号P.37)

d0041872_23112818.jpg


ここで、若干の疑問。
それは、1999年製の、『ザ・ニッカウヰスキー34年』との大きな違いは、あるのだろうか?
d0041872_2392550.jpg

これは、ニッカさんの懸賞論文入選によるプレゼント

ともあれ、土屋氏が選んだ日本の幻のウイスキーである。ニッカブレンダーズバーでは、この
1998年製の『ザ・ニッカウヰスキー34年』があるそうだが、未だ、いつ開けるか判らないと言う。
もちろんだが、私も当分開けないで、眺めているつもり。

by kintokijp | 2006-02-28 23:20 | ウイスキー | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://whiskies.exblog.jp/tb/2759736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shibuya8604 at 2006-03-01 00:18 x
なんか凄いものをお持ちですね。
開ける時は是非お声を~~。
Commented by 呑んだくれ at 2006-03-01 00:41 x
開ける時は是非お声を~~!!!!!。
私も、アルコール依存症の身で、いつ死ぬかわからぬ境遇になって、ボトルを残す必要が無くなった今、手持ちのボトルを全て呑み干してしまおうと思っております手持ちのモルト、single cask、societyも全部呑み干します。残ったものの鑑定をお願いいたします。
Commented by 足柄山の金太郎 at 2006-03-01 12:23 x
 みなさん、ようこそおいで下さいました。きっと開けることには、勇気がいるでしょうね。ですから、当分は、「竹鶴35年」を飲んだ時に、「ザ・ニッカウヰスキー34年」の持つフレーバーやテイストを想像するしかありません。でも、これからの「竹鶴35年」では、だめでしょうね。3年前以前のものを探すしかないかも。これとて大変な余暇の仕事でしょうね。でも、家の近所の酒屋さんに最初に出たロットの「竹鶴35年」が、まだあるんです。最近確認していませんがね。まあ、これとて夢のある話です。
コメント、どうもありがとうございました。


<< ご存知ですか?『カカオの恵み』      小田原の『菓子展示会』 >>