人気ブログランキング |

『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 30日

”THE MALT WHISKY FILE” に出会う

 2000年前後、『ザ・モルト・ウイスキー・ファイル』の邦訳版を購入した。これは、本屋ではないことだけは、はっきりしているが、どこで購入したか不明である。

 この本は、原書の第4版を翻訳したものである。この版で初めて日本とニュージランドのウイスキーが加わった。日本の記述は、4ページ。日本のウイスキーができる糸口について触れられている。しかも今は、無き「摂津酒造」の名前が出ていることに目を見張った。

 著者は、ジョン・レイモンドさんとロビン・トゥチェクさんである。ロビンさんは、インデペンデントボトラーのブラックアダーのオーナーである。

 この本の翻訳をされたのは、茂木さんと言う方で、日本でのバグパイプ演奏者の一人で、それも独学で習得され、もちろんウイスキーをこよなく愛されていらっしゃる方である。ウイスキーでの催しにバグパイプの演奏がある時には、必ずと言っていいほど、茂木さんが出演されていらっしゃる。

 マイケル・ジャクソンさんの「モルト・ウイスキー・コンパニオン」と構成は、類似している。蒸溜所の水源が示されている。ウイスキーの持っている「甘さ」、「ピート香」、「流通度」を数字で表している。参考になるだろう。

 なぜか、今では、流通していないと思われる「クライスデール」蒸溜所とそこのウイスキーの記述がある。多分これは、私の推測だが、著者のロビンさんは、クライスデールという名でも各種シングルモルトをボトリングされていることと何か関係がありそうだ。

d0041872_12582566.jpg


d0041872_12592327.jpg


日本の記述の始めのページ

by kintokijp | 2005-06-30 13:01 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://whiskies.exblog.jp/tb/1132756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 今日は、これをいただきました!      寄り道:Michal Jack... >>