『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 15日

「スコッチモルトウイスキー」の地域の違いを知る

 私が、「ウイスキー」と付き合って来た過程をちょっと脇に置きます。

 私のような者でも、時に「地域別の物を飲みたいのですが、何を飲んだらいいのですか」と尋ねられることがあります。

 その際には、ディアジオ社から出されている「クラシックモルトシリーズ」をお勧めしてます。

 「なぜか」、と言いますと、このウイスキー業界の巨人であるディアジオ社の傘下にある蒸留所のうち選び出された蒸留所の「ウイスキー」だからであります。しかも、各地域の特徴と言いましょうか、個性と言いましょうか、そのようなものが出ているのです。

   ・ローランド地域の「グレンキンチー10年」
d0041872_14411724.jpg

   ・スペイサイド地域の「クラガンモア12年」
d0041872_1443266.jpg

   ・西ハイランド地域の「オーバン14年」
d0041872_1443235.jpg

   ・ハイランド地域の「ダルウィニー15年」
d0041872_14434271.jpg

   ・アイランズ地域の「タリスカー10年」
d0041872_1444232.jpg

   ・アイラ地域の「ラガヴーリン16年」
d0041872_14442090.jpg

 
 どのような違いかは、どうか味わってみてください。
 今では、いろいろなものをいただきますが、スコッチに関しては、私は、自分が好みか否かを別としまして、この「クラシックモルトシリーズ」の6本を基本にしています。いろいろ飲んで、判らなくなった時にこの6本の入手し易いありがたさをしみじみ感じます。
[PR]

# by kintokijp | 2005-05-15 14:55 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 14日

『モルトウイスキー大全』に出会う!

 そうこうしているうちに、本屋さんを覗いては、「ウイスキー」に関するものは、ないかと探し始めました。そこで、出会った本が『モルトウイスキー大全』(土屋守:小学館:1995)であったのです。「シングルモルトウイスキー」を学びたいと思ってましたから、すごく嬉しかったのが今でも蘇ります。それまでは、英国人が書いたものの翻訳ぐらいで、それも数冊しか出版されていなかったと思います。日本人がスコットランドの蒸溜所を巡って書いたものは、過去にありましたが、全蒸溜所を網羅したものは、ありませんでした。ですから、この本を購入し、もくじをめくった瞬間、思わず「おぉ~」と心の中で叫びました。それほどインパクトが大きかったのでした。この本は、付箋だらけです。何しろ、日本語で読むことができるのが嬉しかったです。

この本は、この「ウイスキー」は、どうのこうのと言うことよりも、蒸溜所の歴史や蒸溜所の状態、ブレンドに供されているウイスキー銘柄、地理的なことなど、いわゆる蒸溜所の文化を私たちに伝えてくれているのであります。「ウイスキー」を飲む上でこのようなことを知っていた方が、より大事にかつ美味しく飲むことができるのではなかろうかと思います。
d0041872_19151879.jpg

(右が、初版の『モルトウイスキー大全』、左が『ブレンデッドスコッチ大全』:土屋守:小学館)
[PR]

# by kintokijp | 2005-05-14 19:19 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 14日

「ウイスキー」に一層の魅力を感じた

 そのうちに、「ライフログ」に掲載しました「世界と日本のウイスキー・カタログ」に出会いました。これは、五大産地のウイスキー図鑑という感がありました。一章で「ウイスキーの歴史」が簡単にかかれていました。さらに「蒸溜所の探訪」があり、「モルトウイスキー」が出来るまでの過程がざっと書かれていました。その商の最後に日本国内の見学可能な蒸溜所の写真と住所などが書かれていました。見ていて楽しかったことを覚えています。

 1996年6月頃サントリーさんから「WHISKY BOOK」と言うタイトルの本が送られてきました。これは、非売品で今では、無いかと思います。新書版で253ページの量の本です。これをまた丁寧に読みました。製造、歴史、食とウイスキーの関係、でも、私は何と言ってもこの本が良かったと思ったのは、「樽の不思議」という章を設けていたことではないかと思います。これは、その後私がウイスキーの良し悪しを決定する重要な要素である「樽」を考える入り口となったからであります。(当時は、そんなに重要とも思っていませんでした。)この章を設けたと言うことは、サントリーさんが「樽へのこだわり」に並々ならぬ想いを持っているということの証である、と感じたのは、後年のことでありました。

d0041872_18271622.jpg

 これらの本の影響により「ウイスキー」という飲み物が、自然のお陰で、人の技を持って、時と言う歳月を経て、やっと製品になる。今、スピードを追及する時代にありながら、そのスピードとは、全く異なるものに一層の関心と魅力を感じたのでありました。
[PR]

# by kintokijp | 2005-05-14 18:28 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 13日

興味を惹きつけられた「ウイスキー」とは

 この「スコッチ・モルト・ウイスキー」を読んでみると、普段私たちが、「ウイスキー」と言葉にしたり、普通の酒屋さんの棚に並んでいる「ウイスキー」とは、さまざまな種類の「モルトウイスキー」と「グレインウイスキー」とを混ぜ合わせたものであることを知りました。

 例えば、大概の方がご存知の「ジョニー・ウォーカー」は、タリスカー、カードゥ、モートラック、ラガヴーリンなどが主要なモルトです。(ジョニ黒、ジョニ赤、ジョニ青などがありますが、それぞれ主要モルトや割合が少しずつ違うようです)(「ブレンデッドスコッチ大全:土屋守:小学館」P.128、P.133)

 ※日本の場合は、一つの会社で、さまざまなタイプの「シングルモルト」を造っていて、それらをブレンドし「ブレンデッドウイスキー」を造っていることが、スコッチの「ブレンデッドウイスキー」との違いです。

 国の違いによる「ブレンデッドウイスキー」の「シングルモルト」の集め方の違いはあれど、「ウイスキー」の根本は、「シングルモルト」にあると理解したのでした。

 このような訳で、私が「シングルモルト」の方へ惹きつけられたのでした。
[PR]

# by kintokijp | 2005-05-13 13:40 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 11日

初めての「本」との出会い

 とにかく、この頃は、「ウイスキー」を所有するというほどの本数などは、持っていませんでした。「ウイスキー」が違えば、香味も違うことは、判ってきたのですが、何を飲んだらいいのやら、まだ判りませんでした。

 国内各メーカーのホームページを見ていたわけですから、当然のごとく国内の二大メーカーのものを購入し始めました。サントリーさんのものでは、「山崎10年」(シングルモルト)を、ニッカさんのものでは、どういうわけか「余市10年」(シングルモルト)ではなく、「北海道12年」(ピュアモルト)を購入し、まだ、「シングルモルト」と「ピュアモルト」の違いが判らないながらも、なんとなく、会社の考え方や地域の違いを初心者なりに楽しみました。その楽しみのお手伝いは、それぞれの会社のホームページにあることも発見しました。1999年4月頃でしょうか。

それぞれの国内で「ウイスキー」を製造されている会社のホームページです。
キリンディスティラリー株式会社
サントリー株式会社
株式会社東亜酒造
ニッカウヰスキー株式会社
本坊酒造株式会社
メルシャン株式会社

 この頃、本屋で、一冊の素晴らしい出会いをしました。「スコッチ・モルト・ウイスキー」(新潮社 1992年)です。これは、現在絶版です。これは、「ウイスキー」の中でも、スコッチの「シングルモルトウイスキー」について書かれています。これを何度も読み返しました。

 ここで、初めて「シングルモルトウイスキー」は、「ブレンデッドウイスキー」のために生産されている。言わば、我々が「ウイスキー」と言っている木で言うところの「根っこ」の部分ではないかと理解したのでした。

 この本から、「シングルモルトウイスキー」が、地域でそれぞれの特徴があることを知ったのでした。

 ここまでで知ったことは、「ウイスキー」の世界的な生産量から言って、「5大生産地」と言われる地域があると言うことと、スコッチは、6地域ないし5地域に分けることが出来る、と言うことでした。

ここへきて、やっと「ウイスキー」のどのような方向を学びたいのかが、はっきりしてきました。
その方向を示してくれたのが、「スコッチ・モルト・ウイスキー」(新潮社 1992年)だったのです。
(尚、この本も、ライフログでご紹介したかったのですが、残念ながら、Amazonに写真がないため掲載できませんでした。このようなものにつきましては、極力ここへ写真を掲載するつもりであおります)
d0041872_22351454.jpg

[PR]

# by kintokijp | 2005-05-11 22:45 | ウイスキー | Trackback | Comments(1)
2005年 05月 11日

「ウイスキー」の学びの始め

 この頃まだ、私は、国産(ジャパニーズ)ウイスキーが、英国(スコッチ)ウイスキーがどうのこうのとか、それらの違いなどのことは、頭に浮かぶまで至っていませんでした。「ウイスキー」という飲み物は、麦を主原料として造られている、ということくらいのことしか判りませんでした。

 が、このようになってきましたら、「ウイスキー」についてとにかく知りたくなってきました。既にパソコンは、外とつながっています。そうです、インターネットのサイトを歩き始めました。知っている国内のメーカーのホームページを見始めました。そこは、宣伝のみならず、「ウイスキー」に関するさまざまなことがありました。現在は、そのころより一層コンテンツが多くなったと思いますが、基本的なところは、既にその当時に出来上がっていたと思います。これらのホームページを自宅で片っ端からプリントアウトし、クリアホルダーへ入れ自分なりの方法で整理し始めました。
d0041872_21374589.jpg

[PR]

# by KINTOKIJP | 2005-05-11 13:12 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 10日

「ブレンデッドウイスキー」の世界もすごい!

 今では、当たり前の話ですが、一口に「ウイスキー」と言っても、香り、味が違うのだ、と言うことを知ったのでした。

 かたや、10年の「シングルカスク」、かたや12年の「シングルモルト」。未だ、この時は、「シングルカスク」やシングルモルト」の言葉の意味するところは、十分に判ってはいなかったと思います。

 しばらくして、国産のブレンデッドウイスキー(ニッカ:ザブレンドセレクション)を飲み始めました。久方ぶりのブレンデッドウイスキーです。おいしいのですが、既に飲んだ「シングルカスク」や、「シングルモルト」とも何か違うのです。単純ではない、と言う言い方しか判りません。複雑なのです。いろいろな微妙な香り、味が、渾然一体となって素晴らしいバランスであると感じたのでした。ブレンデッドウイスキーをこのような感じで飲んだことは、初めてでした。ブレンデッドウイスキーも、すごいぞ!、と思った瞬間でした。
[PR]

# by kintokijp | 2005-05-10 12:52 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 09日

私の「ウイスキー」の世界への導かれ方

 先日、申し上げたようなことがきっかけで、「ウイスキー」に目覚めた私でありました。今まで抱いていた「ウイスキー」の概念が取り外された瞬間は、「シングルカスク余市10年」を口に含み、のどを通り、胃袋に落ちた時でした。これが、「ウイスキー」なの?ってね。

 その時、私の周囲には、「ウイスキー」を嗜む方はいませんでした。ですから、この時より手探りで、「ウイスキー」の世界に入って行きました。

 この「シングルカスク余市10年」と平行し、シングルモルトも初めて購入しました。オフィッシャルのボウモア12年でした。プリントボトルが、美しかった。空瓶は、今でも持っています。これを口に含んだ時、「なんて、消毒臭いんだ」と思いました。しかし、ウイスキーに甘みがある。匂いと味とのギャップに驚きました。しかし、ボトルが三分の一位空かった頃からでしょうか、匂いに慣れ、その匂いがおいしい匂いに感じられるようになったのです。早い話が、やみつきになった、ということでしょうか。

 ここで、「ウイスキー」と一口に言っても、香りも違えば、味も違うことが判りました。
こうなると、いろいろな「ウイスキー」を飲んでみたくなるのが人情じゃないですか。したがって、関心があちこちに行くのは、時間の問題でした。

ライフログに掲げてあります本は、私が読み始めた順に掲載してあります。
が、既に写真の無く、掲載不可能な絶版の本も数多くありますことをご承知下さい。
未だ、この段階では、本を購入しておりませんでした。
d0041872_7554774.jpg

タカムラ Malt House さまより)
[PR]

# by kintokijp | 2005-05-09 10:36 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 07日

「ウイスキー」にはまったきっかけ

 私が、「ウイスキー」の世界へ足を踏み入れたきっかけのお話をしようと思います。
 そもそも、それまでは、強いアルコールは、苦手だったのです。ワインが好きでよく飲みました。代表的な地域のワインだったら、一生のうちに飲めるだろうなんて、大それたことが頭に浮かび、調べ始めたら、なんと世界中で作られており、それもそれぞれの地域での特徴があることが判りました。ですから、各地のワインをワインを飲むことは、絶対に絶対に無理だと思いました。

 その時でした。1999年の春だったと思います。月日は覚えていません。インターネットをやり始めた直後です。申しましたように、それまでは、アルコール度数の高いお酒をほとんど口にしませんでした。自分には、向いていないと思っていたのです。が、ニッカさんのホームページを拝見し、「シングルカスクという当時としては、珍しい言葉に出会いました。何でも、ウイスキーを単一の蒸留所で造られた樽出しの生一本のウイスキーだということと理解しました。しかも、樽出しですから、製品には、限りがあることも初めて知りました。ですから、インターネット販売のみだとのこと。「シングルカスク余市10年」、500本限定です。一本が8500円であることも惹かれました。8500円で特別なウイスキーが飲める!

 500本しかない、と言う想いで早速、購入しました。未だ、この時には、売れる本数が、月に数本から数十本くらいだったそうです。そして、工場長(当時は、林工場長さん)のメッセージも入っていました。(今ではありませんが)それほど、未だ、市場には、認知されていませんでした。

 到着し、封を開けました。ショットグラスに注ぎました。部屋中が素晴らしい香りに包まれました。私にとっては、ロイヤルサルート以来の素晴らしい香りでした。甘いドライフルーツの香り、しばらくして、心地よいスモーキーさ、バニラアイスを感じ、ビターチョコの香りを感じ、塩っぽさを感じ、・・・とにかくカルチャーショックでした。ウイスキーって、こんなにもおいしい香り、味を持っているのかってね。
 これが、「ウイスキー」にはまったきっかけでした。

(尚、写真の新聞記事は、「北海道新聞1997年2月22日朝刊」:当時のニッカさんのホームページより)
d0041872_2252283.jpg



(英国のウイスキーライターのジム・マリーさんの「シングルカスク余市10年」に対するテイスティングコメント:当時のニッカさんのホームページより)
d0041872_22554027.jpg



d0041872_22583142.jpg

[PR]

# by kintokijp | 2005-05-07 23:00 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 05日

開設の挨拶

 Bar Hayafune さんに教えていただきまして、「ブログ」開設させていただきました。

 「ウイスキー」関係のホームページやブログは、現在たくさんあります。ここで、さらに私までもが?

 専門的なところは、既にホームページなどをお持ちになっていらっしゃる先輩方に語っていただき、私ごとき者は、住まいの付近にBarがありませんので、自ずと自宅Barでいただくことになってしまいます。そうすると、いただけるものが限られてしまうのです。その限られたもので楽しむわけです。ですから、みなさま方へ情報などと言う大それたものはありませんが、田舎の「ウイスキー」好きな者のたわごととしてご覧になっていただければ、幸いです。

 また、このような粗末なものではありますが、「ウイスキー」の世界を覗いてみたい、これから「ウイスキー」の世界へ入ってみたいと思われる方もいらっしゃるかと思います。そのような方にとりまして、何らかのご参考になればとも思います。

 そして、話は、「ウイスキー」だけに限定していませんので、これまた 「な~んだ」 と思われることでしょう。そんな程度のものとお思いになって下さい。とにかく、どう進みますか。お付き合いいただけたら幸いです。

                        足柄山の金太郎
[PR]

# by kintokijp | 2005-05-05 10:28 | 全体 | Trackback | Comments(2)