『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2017年 10月 31日

シーバスリーガル アルティス


10月も、今日で終わりですね。

「シーバスリーガル アルティス」です。
 これは、栓を開けてから、5ヶ月くらい経っているでしょうか。
d0041872_17393067.jpg

2016年11月14日より発売でしたから、世に出てからほぼ1年が経とうとしています。

これ、モルトウイスキーと言うことです。
シーバスリーガルの五代にわたるブレンダーさんたちに捧げる形でこのアルティスは、誕生したようです。

このウイスキーの中身ですが、5つの蒸留所のモルトで構成されているそうです。
その5つとは・・・・・。
・ロングモーン蒸留所。
・トーモア蒸留所。
・アルタナーベン蒸留所。
・ブレイヴァル蒸留所。  そして・・・、
・ストラスアイラ蒸留所。

ですが、それぞれの熟成年数と、どの位の割合で構成されているのかは、残念ながら不明であります。

アルコール度数は、40%です。

香り、味共に非常に複雑であります。

このボトルが入っていた箱には、たまげました・・・。

あっ、このウイスキーは、それぞれボトルナンバーが下の帯のシールに打たれていました。よく見かけますが、どの位の本数が世に出ているのでしょうか?

シーバスリーガルが、お好きな方は、既にお飲みになられていらっしゃるかもしれませんが、未だだよ、と言う方は、是非味わっていただきたいと思います。

私的には、コスパ的なことを考えたら、「12年」が好きです。

さて、未だ飲んでいない、25年をいつ購入しましょうか・・・・・?

12月に入って、改めて飲みましたところ、凄く良い香りを感じています。
と言うことは、開けてからの成長が、かなりゆっくりと進んでいる、と言うことではないでしょうか。 美味いです!!

開けて直ぐにお飲みになるよりも、半年以上経過してから楽しむのが良いのでしょうね。


[PR]

by kintokijp | 2017-10-31 17:48 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 11日

SMWS 3.65

 
ご無沙汰しました。なんとなくボウモアを飲みたい気分・・・・。 部屋の中を探し、眼に入ったのが、これでした。

それは、小生が、ソサイティ ( SMWS )に入会して、そう経っていない時に購入した 3.65 のボトルでした。古いボトルなので、コルク栓を開ける時、緊張しましたが、無事に開けることができました。
d0041872_17013399.jpg
3.65 とは、『 ボウモア 』 なんです。

1988年 2月 蒸溜

2001年 6月 ボトリング

アルコール度数 57.2%

色は、綺麗で澄んでいるゴールドイエローとでも言うのでしょうか? 綺麗です。

開けた直後、香りは、煙たい、と言う感じですね。 でも、小生的には、柔らかな煙たさ、とでも言える感じです。味は、甘いです。

正直、好みです。これが、どのように成長して行きますか?、楽しみです。

古い記録が、部屋のどこぞにあるでしょうから、探してみましょう。

最近のものについては、Webの中に記録があるのでありがたいのですが・・・・。

栓を開けて、約一月が経過しようとしています。

香りが、香りが開いています。 「煙たい」、香りよりも、フルーティーな心地よい香りが栓を開けるとします。 

[PR]

by kintokijp | 2017-10-11 17:07 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)