『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2016年 10月 30日

友人が開催したイベントに参加!!

久しぶりの公式、非公式を含めてのウイスキーイベントに参加しました。

通称GIANさんからお声がけいただき、参加させていただきました。

10月29日の参加。 本日も、二部として、あります。

中野坂上にある会場へ入り、GIANさんを見つけて会費を払い、空いている席に着席し、既においでになっていらっしゃる方へご挨拶。

しばらくすると、お店の方が、最初のボトルリストから3種類が入ったそれぞれのテイスティンググラスを配って下さいました。
d0041872_168060.jpg

で、GIANさんの今日の会の趣旨と、3種類の説明をされ、各自テイスティングに入りました。
最初の3種類のうち、一つがクイズのウイスキー。 小生は、大外れでした(笑い)。

有料試飲ボトルもありましたが、会費でいただけるのが、11種類もありますので、そちらまで手がでませんでした。

会費分のボトル、錚々たる凄いものばかりでした。

・Benriach 1972 34yo 49.7% Official

・Bruichladdich 1986 16yo 52.5% Kingsburry Celtic

・Carsebridge 1984 41yo 47.6% Kingsburry (Grain)

・Glen Esk 1970 31yo 56.9% Duglas Laing Platinum Selection

・Glen Grant 1972 33yo 52.4% Scotch Malt Whisky Society 9.40

・Glen Mhor 1982 30yo 50% Duglas Laing OMC

・Glenfarclas 1965 40yo 57.2% Scotch Malt Whisky 1.130

・Glentauchers 1975 35yo 47.3% The Whisky Agency

・Longmorn 1969 39yo 58.9% Gordon & MacPhail Celtic for Mashtun Tokyo

・Strathisla 1968 35yo 43% Duncan Taylor Peerless

・Tomatin 1976 33yo 51.2% Dhinanoya


どれも、これも、お時間が限られていますので、じゅっくりと戴くと言う訳にはまいりませんでしたが、素晴らしいものばかり、『 時 』 を感じさせるものばかりで、ただただご提供いただけたのは、大変ありがたく思いました。

感謝、感謝 です。 

どうもありがとうございました

主催者の入社「30年を迎えた」ことに対しての大イベントにふさわしいものばかりでありました。
(ご提供いただいたウイスキーが、30年オーバーの貴重なものばかり)
[PR]

by kintokijp | 2016-10-30 16:08 | イベント | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 24日

ペリート・カベルネ・ソーヴィニヨン

秋、ワインも、好いな、と思い、自室に転がっていた赤を開けることにしました。

それが、これ・・・。

いただきものです。

スクリューキャップなので、そんなにお値段は、高くないと思いますし、裏のラベルを見たら、「日本へタンクで輸入し・・」との記述もありました。

で、開封しました。 開封の時は、どんなものであろうと、ワクワクしますね。 このワクワク感がたまりません。

色は、素敵な色ですね。
濃い赤黒いビロードのような感じです。

香りは、甘やかなベリー系の香りがします。でも強くはありません。 他にはなんでしょうか、プラスチックのような感じもします(嫌ですね)。
d0041872_18112525.jpg

グラスに注ぎ、一口いただきました。 「何、これ!・・・」って、思わず叫びました。

タンニンが無いに等しいのです。 酸味は、あります。 やや甘っぽい感じ。 これ、ほんとに「カルベネソービニヨン種が主体なの? ラベルには、「フルボディ」との記述。 ええ、何かの間違えじゃねえの? と。 でも、どう見ても、「フルボディ」の文字がある。
d0041872_18121176.jpg

余韻無し。 後味、自分には、合わない感じ・・・。

感想は、こんなワインも、あるのね、と思いました。 あくまでも、いただきもん、ゆえ・・・、「どうの、こうの」と申すのは差し控えますが、疑問が、疑問がたくさん、たくさん湧いたワインでした。

酔っ払った勢いで飲むワインなのでしょうかね・・・・・。

今日は、自分には、合わないワインのこんなお話しとなりました。

700円くらいで、自分の口に合うワインを探そう!!
[PR]

by kintokijp | 2016-10-24 18:12 | ワイン類 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 21日

Prendo il latte in cointreau

秋ですね!
今日は、風呂上りの一杯!

牛乳を飲まれる方も、おいでになるかと思います。

銭湯へ行って、風呂上りに「コーヒー牛乳」や「フルーツ牛乳」を飲むことが、ステータスだった時代が昔、昔の日本にはありました。

小生も、子供の頃、憧れました。だって、コーラや今みたいなコーヒーのある時代ではなかったのですから・・・・。

お風呂屋さんの入り口の番台の近くの外から見える両開きの冷蔵庫の中に牛乳(白)、フルーツ牛乳、コーヒー牛乳の瓶が並んでいたものでした。

でも、なかなか買ってもらうことができませんでした。

・・・・

時代は、進み、家庭にお風呂が備わる時代となり、今日に至っています。

でね、小生は、フルーツ牛乳が好きだったわけです。

大人になって、コアントローを知り、お菓子作りには、欠かすことのできない材料となりました。

未だ、これを飲む、と言った考えは無かったのですが、ひょんなことで、オレンジの香りが強いので、ミルクに入れてみたら、どうかな? と思い、やってみました。

出来上がったものは、何の変哲も無い、無色でしたが、オレンジの良い香りが漂います。
d0041872_2141438.jpg

当たり前ですね。だって、コアントロー自体が、オレンジを蒸留した液体で、無色透明ですものね。
一口、口に入れますと、ぱ~あ~っと口の中にオレンジが広がったのでありました。

美味い!! と言うことになり、それ以後、時々ミルクにコアントローを入れて飲む習慣が身につきました。 同じオレンジの系統のリキュールであるグランマニエではないのです。コアントローでなくてはならないのが不思議、不思議。

で、この日も、飲みたくなり、厨房を探し、コアントローを冷えたミルクに加え、かき混ぜ風呂上りにいただいたのでありました。
d0041872_21421341.jpg

ああ!美味かった!!

皆さんも、是非お試しになっては如何でしょうか?
[PR]

by kintokijp | 2016-10-21 21:44 | 他 アルコール飲料 | Trackback | Comments(0)