『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 23日

 焙煎樽熟成梅酒

2016年の関東地方では、今日(7月23日)、未だ梅雨が明けていません。

梅雨とき、と言えば、小生の頭の中では、 『 梅酒 』 が頭の中をぐるぐると・・・。 みなさんは、どうですか?

そこで、先月でしたが、酒屋さんへ行って、 サントリーさんの 『 山崎蒸溜所貯蔵 焙煎多雨熟成梅酒 』 、なるものを求めてきました。
d0041872_14104668.jpg

サントリーさんでは、 梅酒をどうやらホッグスヘッド樽の中で熟成させているようです。 熟成時間全てなのでしょうかね?

確か、以前、 『 響12年 』 が世に出る数ヶ月前くらいに 輿水先生が 「 梅酒を作っていた樽の中へ響12年の原酒を入れてある程度の期間熟成させました・・・」 、とおっしゃった記憶があります。 と言うことは、ウイスキーの多様性を求めるために現在でも、 『 梅酒 』 をウイスキーの樽へ入れて熟成させ、どの段階は判りませんが、 『 梅酒 』 のニュアンスを持った空き樽へウイスキーを入れて熟成させ、他の樽のものとバッティングさせているのかなあ、と推察しました。

まっ、こんなことを考えながらこの 『 梅酒 』 をロックや、ソーダ割りでいただくのも、なかなか好いものですよ。
小生的には、この 『 梅酒 』 、いま一つ甘みを少なくしていただければ、嬉しいなあと思っています。

クリアで美味いと思いますが、小生には、甘すぎます(笑)。

d0041872_14111411.jpg

ボトルは、美しいですね。 裏面は、山崎をイメージする竹林のデザインです。

ちなみに、現在、 『 響12年 』 は、絶版です。 また、この 『 響12年 』 について、書いてみたいと思います。 
[PR]

by kintokijp | 2016-07-23 14:12 | 他 アルコール飲料 | Trackback | Comments(0)