『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 29日

泡もの ” Collard-Picard Cuvee Dom Picard Blanc de Blancs "

またまた泡ものです・・・。
女性方は、ことにお好きですねぇ・・・、もちろん小生の神さまも、ですが・・・。小生の大神さまなんぞは、大好きです・・・。

で、これまた、最近よく購入するワイン屋さんで、求めました。

『 コラール・ピカール・ドンピカール・ブラン・ド・ブラン 』(”Collard-Picard Cuvee Dom Picard Blanc de Blancs”)と言う商品名です。
d0041872_10254766.jpg


d0041872_102687.jpg


d0041872_1026244.jpg

いわゆる、「シャンパン」です。 久しぶりですね。「シャンパン」なんぞをいただくのは・・・・。

結論から言って、大変美味しかった!!!、です。 お値段になっちゃうのでょうかね?

セパージュは、シャルドネ種。

以下、販売店さんの説明です。

「コラール・ピカールは4世代に渡って受け継がれる家族経営の蔵元。現当主のオリヴィエ・コラールとカロリーヌ・ピカール夫妻によって1996年にシャンパーニュ・コラール・ピカールとして名前も新たにスタートしました。シャルドネの特級畑を含む11ヘクタール自社畑では環境に配慮したリュットレゾネ(減農薬農法)の認証を保有するこだわり。RM(レコルタン・マニピュラン)にて仕込むこの蔵のシャンパンの実力は、なんとビルカール・サルモンやローラン・ペリエといった高級シャンパン・メゾンも醸造を委託するほど!! このキュヴェ・ドンピカールはオジェ村の特級畑のシャルドネを100%使用、極々少量のみ搾汁し、さらに樽熟成させた後セラーにて3年寝かてリリースされる至高の一品!!「シャルドネ好きに贈る最高の中の最高の一本」と蔵が誇る珠玉のシャンパーニュ!!」



香りは、洋梨のようで、かすかに柑橘系の香りも感じました。 上品で、香がやや強いです。
心地よいです。

泡は、凄いです。時間がしばらく経過しても、シュワ、シュワ・・と泡立つ、凄いです。楽しいですね。
d0041872_10264943.jpg

味は、上品で、いわゆる白ぶどうの味で、さらっとした感じです。

余韻が長いです。小生としては、驚きました。(感激です)

泡ものが、お好きな方で、「シャルドネ」好きな方、是非お飲みになってみられることをお勧めします。
[PR]

by kintokijp | 2013-06-29 10:27 | ワイン類 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 27日

" L'AUTRE VERSANT "


またまた、ワイン・・・・

『ラトゥール・ベルサン』を開けました。

小生が購入するワインのお値段としては、良い方です・・・・。

開けて、いつものようにデキャンタへ移しました。

もう、待ち切れず、30分くらいからで、飲み始めました。
d0041872_16521893.jpg

葡萄は、カルベネ・ソーヴィニヨンが主体と書いてありました。
で、調べたら、どうも、セパージュは、カルベネ・ソーヴィニヨン種 80%、 メルロ種 20%のようであります。
d0041872_1653135.jpg

アルコール度数 14%。
d0041872_1653153.jpg

産地は、ランドック・ルーションだそうです。

香り、期待していたのですが、・・・・・、あらら・・・非常に「微香」と言う言葉があてはまっちゃうのでした。 良いことは、良いのですが・・・、弱すぎる感じ。何で、何で???
d0041872_16533475.jpg

でも、これ、ご覧の通り、グラスにワインが粘りつくような感じです。凄くオイリーな感じです。

味は、ベリーのような感じです。

ここのブログに書かれているような感じが感じることが出来なかったのが、残念でした。
[PR]

by kintokijp | 2013-06-27 16:53 | ワイン類 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 16日

『 タケオキクチ クリスタルロックグラス 』

先日の小生たちの 「結婚記念日」 と6月16日「父の日」 の両方のプレゼントとして、妻より サントリーさんから販売されている 『 タケオキクチ クリスタルロックグラス 』 をいただきました。
d0041872_17303823.jpg



d0041872_173106.jpg

ことの発端は、小生が、何気なく 「 キクチタケオ さんて、グラスのデザインもしていて、サントリーが扱っている 」 と、言ったことからでした。

まさか、妻から贈られようとは・・・・。 すごく嬉しかった、です。

もっとも、毎年、カガミクリスタルさんの製品は、ほぼこの 「父の日」 に合わせるかのように妻からプレゼントされていましたから、今年も、カガミさんの製品かな、と言うぐらいにしか思っていませんでした。

妻曰く、「いつものようにカガミさんから、それが買えると思ったんだけれど、これは、特別なのね。サントリーさんのホームページからでしか買えなかった」と・・・・・・。

で、開けて、しばらく眺めました。
d0041872_17313378.jpg


ロックグラスと言えば、重厚な、いわゆる重たい感じがするものが多いのですが、このグラスは、重たさを感じさせません。 むしろ、シンプルなデザインで、クリスタルグラスの持つカットから導き出される光の美しさが出る、そんなグラスであることに気づきました。

d0041872_17315158.jpg

格子状のカットが、見事なまでにグラスに刻み込まれており、それも、カットが深い感じです。 歩留まりが悪いかもしれない、と思いました。

何しろ、唇が当たる薄い上部まで、見事なカットがなされている。

とても綺麗です。


このグラスで、サントリーさんの 「 インペリアル 」 をロックでいただきました。
d0041872_1737111.jpg

格別ですね!

d0041872_17372165.jpg

唇にグラスのカットがしてある溝に当たるのです。
それが、とても心地よいのです。

唇にどの程度溝の部分が当たるのか、その圧力で、唇にどのような心地よさを与えるのかと言うことが、すごく計算されていることに驚きました。 と、同時に感動を覚えました。

みなさんも、このグラスを購入されて、いつもとは、違った感じのウイスキーテイストをお楽しみなっては、如何でしょうか。

妻よ! どうもありがとうございました。

感謝
[PR]

by kintokijp | 2013-06-16 17:37 | その他 | Trackback | Comments(2)
2013年 06月 14日

2013年6月12日 ルバイヤート スパーリングワイン

2013年6月12日。

小生の結婚25周年・・・・、つまり、巷で言うところの  『銀婚式』  をこの日迎えました。
d0041872_9132887.jpg

そこで、かねて、友人であります千葉にお住まいの方から 丸藤葡萄酒工業㈱ さんの数々の製品をいただきました中からこの日のためにと 『 ルバイヤート スパーリングワイン 甲州 ドゥミ・セック 』 を開けました。
d0041872_914254.jpg


d0041872_9143125.jpg


d0041872_9144495.jpg


d0041872_9145615.jpg

葡萄は、甲州種100%です。 いわゆる日本固有の葡萄で作ったスパーリングワインです。

なんでも、丸藤葡萄酒工業さんが、苦節十年以上掛って研究し、世に出したそうです。

「甲州種に泡を吹き込む・・」とは、どのようなことなのか、疑問となりましたが・・・・。

色は、黄金色です。

香りは、良いですね。

味は、やや甘いです。上品な甘さです。酸味とのバランスは良いかと思いました。

泡は、なかなか消えることなく、長く楽しめます。


この日のためにいただいた友人に感謝を申し上げます。

どうもありがとうございました。


しばらく、『 25周年 』 にちなんだものをアップさせていただきますので、お楽しみください。
[PR]

by kintokijp | 2013-06-14 09:15 | ワイン類 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 04日

" CHATEAU MOULIN HAUT LAROQUE 2008 "

「 シャトー・ムーラン・オー・ラロック 2008 」を開けました。
d0041872_13154385.jpg

ボルドー地区 フロンサック村のものです。

アルコール度数は、13.5%。

混合割合は、メルロー種 65% 、カベルネフラン種 20% 、カベルネソーヴィニヨン種 10% 、 マルベック種 5% だそうです。

コルクを抜きました。

いや~素晴らしい香りが開けた途端から・・・・・。

でも、デキャンタへ入れました。

一時間ほどしてから、グラスに注ぎました。

ややガーネットに近い色です。 かつて、サントリーさんの技師長さんが、おっしゃった色に近いです。 と言うことは、飲み頃と言うことでしょうか。
d0041872_1316849.jpg

香りは、チェリー、プルーンが突出した香りです。甘やかな香りです。小生が感じるメルローの特有の「土」っぽい香りも感じます。
d0041872_13162238.jpg

味は、5月4日に掲載した「シャトー・エルベ・ラロック2005」よりも、はるかにタンニンが強いです。 心地良いですね。 酸味などのバランスが良いと思います。 滑らかです。

フルボディです。

ああ! 美味かった。 これは、妻が買ってくれました。 感謝、感謝・・・・。
[PR]

by kintokijp | 2013-06-04 13:18 | Trackback | Comments(0)