『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 31日

シングルモルト 「 軽井沢17年 」

キリンさんの 『 軽井沢17年 』 です。 既に、終売品です。
d0041872_22261146.jpg

これも、いつでも、購入できる、と思っていましたが、気がついたら、いつの間にやら終売となっていました。
やっとの思いで、手にいれることができました。

これは、日本のウイスキーの歴史で、大変重要なものだと思います。

何が、と言えば、日本のウイスキーで初のシングルモルトウイスキーだからです。

私が、これを最初に口にしたのは、当時のメルシャンの軽井沢蒸留所に昭和54年の夏に行って、試飲させてもらった時のことでした。 ウイスキーのことなどは、全く知らなかったし、シングルモルトとか、ピュアモルトと言う言葉も、知らなかった時代のことでした。 が、口にした時、なんて美味しいウイスキーなんだろう、と思ったのが、脳裏に焼きついています。 が、当時、これが、一本で、15000円だったかと思います。 当時の私は、ウイスキーに関心がありませんでしたし、いくら美味いウイスキーだからと言って、10000円以上も財布から出すなんて、と言うことは現在と違い、考えられませんでした。

そして、再び口にすることになったのは、それから三十数年後と言う現在であります。

やはり、美味いですね。

衣装は、重々しいです。 デキャンタ風ですから。

色は、濃い褐色です。おそらく、オロソソのシェリーカスクで貯蔵された色のものが、強く出ているのではないかと思います。

香りは、素晴らしいのですが、複雑です。 強いて感ずるところを表現するとすれば、レーズンの香りです。しかも、甘い香りです。 私の嫌いな、硫黄臭やゴム臭は、感じません。

味も、やや甘いかと思います。

香味のバランスは、とても良いと思います。

バッティングさせているウイスキーの酒齢は、最低が17年で、中には31年も貯蔵したものが、含まれています。

2001年の「インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション」のワールドワイドウイスキー部門で、銀賞に輝いたことのある「軽井沢17年」です。

どこかで、見かけたら、口にしてみては、如何でしょうか。

金色のアルミ製の首飾りは、邪魔ですねぇ・・・・。 
[PR]

by kintokijp | 2012-05-31 22:28 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 18日

サントリーウイスキー 「 センチュリー 15年 」

 サントリーさんが今から約12年前くらいに出された 「 センチュリー 15年 」です。
ブレンデッドウイスキーです。

d0041872_1829578.jpg

回栓した時、良い香りが部屋中に広がりました。香りは、素晴らしいです。

葡萄も、熟したデラウエアのような香り、甘く濃厚な香りです。 爽やかではありません。

味は、やや甘く、複雑です。ピーティな感じではありません。

全体的に、表現しにくいのですが、香味のバランスは、良いと思います。

このボトル、何に見えるでしょうか?

飲み友達が、「 ばかでかい香水の瓶のようだね 」、と。

まさしく、的を得ていると思いました。
d0041872_18343512.jpg

ボトルの裏は、「 2001 」、と。

まさしく、” century ”、です。
アルコール度数は、43%です。
[PR]

by kintokijp | 2012-05-18 18:34 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 05日

" The Glenmorangie Madeira Wood Finish "

購入して、忘れていたボトルを先日見つけました。それが、グレンモーレンジのウッドフィニシュシリーズの走りの一つの「マディラ ウッド フィニッシュ」でした。
d0041872_14535142.jpg


筒型の缶の蓋がなかなか開きませんでした。ペンチでこじ開けました。そうです。缶の蓋の内側が錆びて、紙の筒にくっついてしまったのでした。購入して、10年以上は経過していたでしょうか。
アルコール度数は、43%です。
d0041872_14581149.jpg

このようにならないうちに開けて飲みましょう(爆笑??)

色は、黄色みを帯びた褐色です。

香りは、甘やかです。

味は、トフィーのような甘さです。スパイシーな感じもします。マディラ酒を残念ながら知らないのですが、ラム酒のような感じもします。そう、ダークラムね。ケーキを良く作りますので、そう感じるのかもしれません・・・・。

まっ、とにかく美味いです。
d0041872_1454751.jpg

ボトルの裏に書いてあることから、12年は、アメリカンオークの樽で熟成し、その後マディラ酒の樽で熟成をさせたとあります。どのくらいの期間マディラ酒のカスクで寝かせたのでしょうか。

どこかで、見つけたらお試しになってみて下さい。
[PR]

by kintokijp | 2012-05-05 14:54 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)