『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 25日

夏には、 『スカタン』 も、いいよ

ご無沙汰しました。
暑い毎日、如何おすごしでいらっしゃいますか?

みなさん、 『 スカタン 』 と言う飲み物をご存知でいらっしゃいますか?

そう、通常 スカタン と言えば、関西地方では、アホ、間抜け、と言うような類の大衆言葉として、今でも使われていつかと思います。 少なくとも、私が今から三十年前までに居た頃では、使われておりました。 上品なことばではありませんがね。
d0041872_19162215.jpg

でも、今日私が言うところの 『 スカタン 』 は、そういうものとは、違います。 飲み物なのです。

そう、片や、スコッチウイスキー、または、『 スカッチウイスキー 』 とも言うべきブレンデッドウイスキーです。
今日は、ウシュクベー15年を使ってみました。

片や、『 炭酸ソーダ 』です。
d0041872_1917584.jpg

そう、もうお解かりですね。 『 スカッチウイスキー 』 と、 『 炭酸ソーダ 』 を併せれば、 『 スカタン 』 なる飲み物の誕生なのです。

これは、私が言ったわけではないのです。 昔、大阪の Bar で、言われたことがあるそうなのを、何かのもので読んだことがありました。

ソーダ と言う文字が入っているボトルは、よく見るのですが、「 炭酸 」 と言う文字があるものをなかなか見ませんでした。 で、つい、先日見つけたので、購入し、紹介しようと思い、本日の紹介となりました。

ま、でも 「 ウイスキーの炭酸割り 」 とか 「 ウイスキーのソ-ダ割り 」 と同じなのですが、 なんとなく、ネーミングが私は、 『 スカタン 』 の方が好きです。

みなさん、暑い時は、 ウイスキーをソ-ダで割っていただきましょう!!
[PR]

by kintokijp | 2010-07-25 19:20 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 11日

" COMPLETE GUIDE TO SINGLE MALT SCOTCH "

 故マイケル・ジャクソン さんのライフワークと言えば、みなさんよくご存知の ” MALT WHISKY COMPANION ” ではないかと思います。 この本は、私たちウイスキーファンにとっては、スコットランドのシングルモルトウイスキーのバイブルとも言えるような貴重な本でした。 マイケル・ジャクソンさんが、お亡くなりになり、もうこの続きとなるものは、出ないのだろうと思ったものでした。

それがです。その続きとなっている本が、この春出版されたのです。 ちなみに、私が手にしたのは、5月のことでした。
d0041872_16422065.jpg

その本のタイトルは、 ” COMPLETE GUIDE TO SINGLE MALT SCOTCH ” でした。 それも、タイトルの上に、MICHAEL JACLSON'S と着いていたではありませんか。 以前出た版でも、同様に著者名が、着いていましたが。 そして、前の版の時と同様な形で、6th と印刷されているのでした。 まさしく、マイケル・ジャクソンさんは、故人でこの世にいらっしゃいませんが、その意思をお継ぎになられた方たちがいたのでした。

その意思を継がれたのは、Dominic Roskrow氏、Gavin D,Smith氏、William Mcyers氏でした。

前の第5版が出版されてより、早や5年が経過しています。そして、この本に掲載されているシングルモルトウイスキーは、世界中の愛好家に飲まれています。そして、この本が愛好家にとっての一つの指針でもあったわけです。このように、この本が世界中の愛好家に愛されていることにより、マイケル・ジャクソンさんの意思を継ぐべく6版が世に出たわけでした。

今回では、この本に掲載されているシングルモルトウイスキーの1000本以上が、見直しされたようです。そして、新たに500本以上のシングルモルトウイスキーが評価されたのでした。

さらに、今回の版では、アイルランド、日本、スウェーデン、オーストラリア、アメリカ、フランス、インド、ドイツなどモルトウイスキーを製造しているメーカーから出されている製品を数多くはありませんが、評価し、点数を付けて掲載しています。
 
この版も、前回までと同様のスタイルで書かれています。
d0041872_16424460.jpg

↑ 第5版
尚、日本語版の出版も早いことが望まれますが、来年になるようです。
d0041872_1643680.jpg

 ↑ 第4版
ちなみに、私が、初めてこの本を知ったのは、第4版でした。10年も前のことです。 それは、私の先生である山岡さんからマイケル・ジャクソンさんのサイン入りでいただいたものでした。 ですから、この本は、思い出深いのです。

日本語版よりも、早くお知りになりたい方は、アマゾンでお買い求めになられては、如何でしょうか?
[PR]

by kintokijp | 2010-07-11 16:44 | 本 及び 印刷物 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 02日

北海道ワイン創立35周年の 「 白ワイン 」

先日、私の先祖代々が世話になっている寺のご住職から 北海道ワインさんの創立35周年記念で出した ワイン をいただきました。

赤 と 白 をいただきました。

白 を 冷蔵庫で冷やしました。 この 白 の冷やす温度目安が、判りませんでした。 ま、適当です。
d0041872_8373772.jpg

これで良いかな? と言うようなところで、出しました。

香りは、さわやかで、甘やかで、フルーティで、しかも上品な香りでした。 

味は、甘いのですが、すっきりとしています。 
d0041872_8375270.jpg

三種類の葡萄のワインを合わせて、この製品としているようですが、私的には、ケルナー種の特徴もナイヤガラの特徴も出ているなぁと感じたワインです。

ミネラル分があるなぁ、とも感じたワインでした。
飲みやすいワインではないかと思います。 清酒の吟醸酒のような感じですね。

ちなみに、妻が、珍しくよく飲みました。

白ワイン は、これからの時期には、良いですね。 冷やして、いただく。 清酒を冷やしていただくところに通じたものを感じます。 
[PR]

by kintokijp | 2010-07-02 08:37 | グルメ | Trackback | Comments(3)