『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 26日

Whisky Mist 2 subjects

5月23日 昼間から・・・・、飲みたくなりました・・・・。
ミストです。
先ずは、ラフロイグ・ミスト を作りました。 

氷を細かく砕くことは、私にとって、至難の技です。

ですので、かき氷を作る機械を使い、細かい氷を作りました。

ロックグラスに 砕いたというより、かいた氷をぎゅうぎゅうに詰め込みました。

その上から、ラフロイグカスクストレングス10年 をおもむろに注ぎました。 だいたいWの量です。

注いだ所の氷が解けましたので、その上にさらに ぎゅうぎゅう にかき氷を詰め込みました。
d0041872_15135461.jpg

おいしそうでしょう・・・・
d0041872_15141454.jpg

d0041872_15143224.jpg

             見た目にも、冷たそうでしょう。 はい、見た目が涼しい!!
 ぎんぎんに冷えてきますので、グラスの外側が曇ります。 やっほ~!!
あとは、自然に溶けだした液体をゆっくりとすすります。
ビールの無い時は、これが私にとって一番性に合います。

これを飲み干した後、さらにかき氷を作り、・・・・、もういい加減な感じでしたが、宮城峡1989を使い、ミストでいただきました。
d0041872_15205335.jpg

やさしい感じで、これまたうまい!!

みなさんも、如何ですか?

でも、今回久しぶりだったので、失敗。 なぜか? です。

答えは、かき氷機での調整をしなかったために、あまりにも氷が、細かすぎたことでした。 粗めの氷にした方が良いと思います。

子供は、かき氷シロップ、お父さんは、ミストで・・・・、良いですね。 かき氷機で楽しみましょう!!!
[PR]

by kintokijp | 2010-05-26 15:20 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2010年 05月 03日

ラフロイグ ソーダ割

5月2日、この日は、やっと、いつもの連休らしく、晴天で、しかも温度も高かったですね。

でね、ビールが飲みたいなぁ、と思ったんですが、冷蔵庫には、ビールが無かったんです。

で、初夏、初夏、・・・・おお、夏は、ラフロイグのソーダー割が似合うなぁ、と思いまして、久しぶりに ” Laphroaig 10 Years Cask Strength ” を開けて、 ソーダーに合わせてみました。
d0041872_9574487.jpg

正解でした。 先の、 ” The Glenlivet 12 Years ” のソーダ割も良いのですが、ラフロイグの方が、暑くなってきた時には、私的には、合うのではと感じたしだいです。

で、何を「つまみ」にしたかと、言いますと、先の 「白カビ」系チーズに、ゴルゴンゾーラがあったのを見つけましたので、それと、わさび風味のおかき、でいただきました。
d0041872_958746.jpg

予想どうりで、青カビチーズである、ゴルゴンゾーラチーズが、絶妙に合いましたね。 二杯いただきました。
そして、リベットのソーダ割も一杯いただきました。 さらに、カリラ18年のソーダ割を一杯と。

カリラのソーダ割も、良いけれど、ソーダ割には、ラフロイグがお似合いです。
これから暑くなります。 私の家では、アイラのウイスキーが活躍します。 中でもラフロイグが頻繁に活躍しそうです。

今日も、仕事が終え、帰宅したら、ラフロイグのソーダ割をいただきます!!
[PR]

by kintokijp | 2010-05-03 10:02 | ウイスキー | Trackback | Comments(2)
2010年 05月 01日

グレンリベットソーダ割 と アクアバッツア

 4月三十日、やや暑い陽気だったので、先のザ・グレンリベットをソーダー割にしてみました。

グビグビ飲めましたよ。
d0041872_17253067.jpg

肴は、 アクアバッツア でした。 そして、白カビ系のチーズ。 チーズの名は、判りませんでした・・・・。

d0041872_17255218.jpg


d0041872_17261178.jpg

私的には、ソーダで割るものとしては、・・・・ピーティなアイラ系のものが良いのかなぁ、と思ったしだいです。
で、この後は、カリラ18年をソーダで割っていただきました。 

正解でした。
[PR]

by kintokijp | 2010-05-01 17:26 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)