『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 30日

初呑切無濾過原酒 ( 清酒 『白笹』 限定品 )

「 初呑切無濾過原酒 」 を妻が、妻方の実家へ行った帰りに買い求めてきてくれました。 神奈川県秦野市にある 金井酒造さんが造る銘酒 『 白笹 』 の限定品だとのこと。 『 白笹 』 は、私も、好きな清酒の一つです。 丹沢からの伏流水が原料の水です。
d0041872_94259.jpg


d0041872_942124.jpg

香りは、素晴らしいです。 凛とした品のあるフルーティーな香りです。 味は、辛口で、きりっとし、さらっとした感じです。 刺身、薄く味付けた煮物、揚げ物に合うのではないかと思います。 ちなみに、この日は、おでんでいただきました。が、おでんは、どちらかと言いますと、合いません。 予想した通りでした。
d0041872_95076.jpg


d0041872_951882.jpg

お値段ですか・・・、ちょっと良いな、と思う清酒の倍以上のお値段だったようです。  

飲まない妻に感謝です。
[PR]

by kintokijp | 2009-09-30 09:05 | グルメ | Trackback | Comments(1)
2009年 09月 26日

秋の夜長には、『 フルーツティー 』 もいいよ

この日は、妻へ 『 フルーツティー 』 のリクエストをしました。

茶葉は、入れたフルーツに負けないような濃厚な香味をもったものを使います。 妻が何を選んだのかは、?ですが・・・・・、恐らく 「 ニルギリ 」 のようなものではなかったかと思います。

おっとと、その前に、フルーツの用意ですね。
この日は、オレンジ、リンゴ、そしてネオマスカットを使用しました。

オレンジも、リンゴも、まるのまま、良く水洗いをし、良く水を切ります。

そして、5mmくらいの厚さで、くし型に切ります。 ネオマスカットは、この日は、よく見ていなかったのですが、6粒から8粒を房から外して、これまたよく水洗いをし、良く水を切りました。
d0041872_11484555.jpg

以上のような処理をし、それらをポットに入れます。

別のポットで、紅茶を入れ、熱い湯を差し、1分くらい蒸した紅茶を、フルーツを入れたポットへ注ぎます。
d0041872_1149153.jpg

しばらく、そのままにしたものをお好みのカップに注ぎます。 あとは、好みでハチミツや砂糖を入れます。

最後に注がれたカップをすするだけです。

以上、我が家流の 『 フルーツティー 』 の作り方でした。 フルーツは、あるものをご使用になればよろしいかと思いますよ。
[PR]

by kintokijp | 2009-09-26 11:49 | グルメ | Trackback | Comments(2)
2009年 09月 19日

限定製品? 『 アサヒ北の職人 長 熟 』

アサヒさんの 『 アサヒ北の職人長熟 』 と言うネーミングのビールです。

アサヒさんの北海道限定のビールだそうです。 が、私が、購入したのは、小田原です。 小田原は、北海道ではないですよね。 ???? すでに発売されてから2年が経過したわけで、「限定」となってても、商社があっちこっちに流しているのでしょうね。
d0041872_14133953.jpg

ま、そんなことは、どうでもよろしい・・。 私は、おいしいビールを飲むことができればよろしいのですから・・・・。

未だ、暑いですので、ビールがうまいです。 で、帰宅し、冷蔵庫を覗きましたら、目に留まったのが、これだったのです。
d0041872_1415594.jpg

香りは、それなりに良いです。 それよりも、マイルドなんです。 コクもあります。 いわゆる熟成感、とでも言いましょうか、そう言うものを感じます。

喉越しのひっかかりも感じません。
d0041872_14143835.jpg

この前も、別の「長期熟成ビール」をいただいたのですが、共通していることは、マイルドな感じ、そして、スムース感があります。 そして、コクがあります。 これについても、もう少し、苦いような香りが欲しいと思いました。 難しい注文ですかね。

日本のビールの優秀さをまた感じました。
[PR]

by kintokijp | 2009-09-19 14:26 | グルメ | Trackback | Comments(2)
2009年 09月 16日

Cointreau lait

「 コアントロー 」 入りの牛乳、コアントローミルク 。 私は、フランス語を知りません。  ” Cointreau lait ” で、良いのでしょうかね?

寝る前にこんな飲み物は、いかがでしょうか?

d0041872_16425862.jpg

私は、時々いただきます。 親しんでからかれこれ、もう10年以上になりますか。

牛乳に 「 コアントロー 」 を少し混ぜるのです。 

みなさん御存じのように 「 コアントロー 」 は、オレンジのリキュールです。 お菓子を作る、オレンジママレードを作るのに欠かすことができません。

「 コアントロー 」 を入れた牛乳は、オレンジの香りがしますし、口に含みますと、これまた口の中にオレンジの味と香りが広がります。 

このように 「 コアントロー 」 は、無職透明ですが、香りの非常に高いと言うより、濃厚な香りのリキュールです。
d0041872_16455797.jpg

ですから、オレンジ風味を持った牛乳と言っても、色は、牛乳の色=白色なのです。 オレンジの香りは、気持ちを穏やかにさせますので、これからの季節、牛乳を温め、そこへ 「 コアントロー 」 を少し混ぜてみては、如何でしょうか。 

うまいお話でした。
[PR]

by kintokijp | 2009-09-16 12:56 | Trackback | Comments(2)
2009年 09月 13日

 『 浦霞 』 がうまい!

私の弟が、「仙台へ行った土産だ」、と言って持ってきてくれました。 吟醸と表記されていましたので、冷蔵庫へ入れました。 それを先日開(空ける)けました。

仙台の銘酒 『 浦霞 』 です。 

私は、この醸造会社の名は、浦霞だと思っていたのですが、違いました。 株式会社佐浦 さんと言う名の会社名だったと言うことで、知りませんでした。
d0041872_1718544.jpg


よ~く表記を眺めてみたら、「宮城県限定」と書かれていました。
d0041872_21144173.jpg


d0041872_21245745.jpg

封を切り、グラスに注ぎますと、そう強くはありませんが、フルーティーな吟醸香が漂います。 上品な香りです。 口に含みますと、柔らかな穏やかなフルーティーな香りが口の中に広がります。 
繊細な感じを受けました。 この清酒に合う食べ物は、味は、薄味のものが良いかと思いました。 魚でしたら、白身の淡白なもの。 マグロのような濃厚な味の魚には、合わないかと思いました。 私は、厚揚げの焼いたものでいただきました。 が、むしろ、絹ごしの豆腐の方が良かったかもしれません。

うまい清酒です。
呑みあきしない清酒です。一気に飲んでしまいました。

久しぶりにうまい清酒に出会いました。
弟に感謝です。
[PR]

by kintokijp | 2009-09-13 17:35 | グルメ | Trackback | Comments(2)
2009年 09月 10日

未だ、暑い! ビールがうまい!!

未だ、暑いですね。 残暑です。 未だ、未だビールがうまいです。

今日は、サントリーさんの 『 ザ・プレミアム・モルツ 』 をご紹介します。
d0041872_923678.jpg

1ケースいただきましたので、当分あるかと思います。 でも、今年は、自分としては、ビールをいつもの年より結構飲んでいますので、早く無くなるかもしれません。

このビールも、発売された直後に飲んで、「うまい」!、と思っていましたので、お気に入りの銘柄の一つです。

メーカさんの言葉によれば、 「 ザ・プレミアム・モルツの特徴は、華やかな香りと、深いコク、旨み。そして飲んだ後に訪れる感動的な余韻。・・・」 とのことですが、私には、前半の言葉は、よく判りません、が、旨み、については、うん、そうだな、と言う思いです。 香りは、穏やかにして、充分うま味のある香りだと思います。 敢て言うならば、個人的な好みなのですが、もう少し「苦味」があれば嬉しいな、と。 勝手なな注文ですね。

今晩も、ビールにしますか・・・・・・・・・何を冷蔵庫から取り出しましょうかね・・・・・・・

・・・・・・いつ? ウイスキーについてのことを書くのだろうか?・・・・・・・・・・・・・・・
ウイスキーも、モルト(麦芽)、ビールも、モルトです、同じようなモルトです・・・・、お許しを・・・・・
[PR]

by kintokijp | 2009-09-10 09:02 | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 03日

美味なる 『 北条玄庵 』

 これまた、小田原の 松坂屋本店 さんの美味なる お茶席のお菓子、 『 北条玄庵 』 です。
d0041872_16301439.jpg

見た目には、丸い 金つば のよう。 あるいは、羊羹 にグラニュー糖が掛ったようなもの・・・。
d0041872_16303677.jpg

私は、これが、大好きです。

北条早雲の三番目の息子であるのが、 北条玄庵 です。 その玄庵は、武芸、その他諸芸に優れ、茶人でもあったようです。  そぅ言う 玄庵 の名にちなみ 創作したお菓子が、この 『 北条玄庵 』 なのだそうです。 きっと、創作された方が、北条玄庵 がお気に入りだったのでしょうか。

大粒の大納言小豆をたっぷりと使っています。 金つばのような餡を台にし、その中へ牛肥もちを閉じ込めてあるような感じです。 そして、お化粧に周りにグラニュー糖が白く輝いている、と言う感じのお菓子です。
d0041872_16305954.jpg

充分に煮込まれた大粒の大納言小豆は、上品な甘みです。 大納言小豆には、寒天も一緒に煮込まれているようです。小豆と餡とが寒天でつながっているような、そんな食感です。 ですから、まんじゅうの餡を食べているような食感ではありません。 中に牛肥もちのもちもち感と上品な甘みが微妙に絡み合います。 この食感も楽しいです。

とにかく、寒天特有のプリッ、サクッ感に大粒の小豆がうまく絡み合った食感が、特長でしょうか。 これが、この 『 北条玄庵 』 のたまらない魅力ですね。 美味いです。
d0041872_1631281.jpg

作った職人さんに感謝です。 ありがとう。 
[PR]

by kintokijp | 2009-09-03 16:31 | グルメ | Trackback | Comments(0)