『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 23日

美味しい 「 おべんとう 」 でした

旅のお終いは、美味しい 「 おべんとう 」 で、締めくくりました。

京都駅に隣接した、伊勢丹デパートの 地下2階の 「 老舗弁当コーナー 」 で求めました。

田ごと
 さんのおべんとうを購入しました。 そして、地下1階にあるお酒売り場で、 京都ではなく、広島西条の銘酒 「 賀茂鶴 」 の大吟醸 「ゴールド賀茂鶴」 の一合瓶を求めました。
d0041872_11593316.jpg

日本酒の肴と言った具合のお弁当の料理です。 清酒は、吟醸酒です。 お値段は、普通のお店のものより、若干値が張るのですが、全体的には、コストパフォーマンスは、高く、満足のいく内容です。

何が、入ってたか?・・・・メモし忘れました。・・・・出汁巻き、茹で枝豆、煮鮭、里芋の煮物、さつまいもの煮物、海老の薄煮、カリフラワーの酢茹で、あとなんやったかな?そして、写真手前が、3つのむすび。 薄焼き卵で巻いたもの、海苔で巻いたもの、ご飯そのままのむすび、と。 しば漬。

さつまいもは、箸で持ち上げても、崩れませんでしたし、煮鮭も、身が崩れませんでした。ほっこりしていました。

うまい清酒に、うまい料理が詰まったおべんとうの組み合わせは、電車の中での 「食」 の醍醐味でしょうね。

みなさんも、京都へ行かれた際には、お時間がございましたら、お好みのお弁当を求められみては、如何でしょうか。 京の料亭の味をお手軽なお値段でいただける 「おべんとう」 は、嬉しいですね。 駅のおべんとうとは、一味違う、発見があるかと思いますよ。

うまかった、です。

尚、注意としましては、 「 老舗弁当 」 は、数に限りがありますし、しかも、お店によっては、お求めになられる数日前までに注文がなくてはならない、と言うおべんとうもありますので、伊勢丹の「老舗弁当」コーナーへ行ったからと言って、お好みのものを買うことが出来ない場合もありますことを付け加えさせていただきます。
[PR]

by kintokijp | 2009-07-23 12:26 | グルメ | Trackback | Comments(2)
2009年 07月 22日

旅先 " Whisky "

旅先の宿泊先で、ウイスキーを飲む。 行った先は、奈良・・・。 私一人ではない・・・。 妻、私の母親、妻の母親・・・・以上。 いっぱいお供がくっ付いている旅・・・。私の感想は、みなさんのご想像におまかせします。

部屋から出るのがおっくうだと予想ができましたので、自宅からサンプルボトルを一本持参しました。
結果、これが、大正解でした。

サントリーさんの 『 山崎蒸留所樽出原酒8年 』 です。
d0041872_18515874.jpg
 
サントリーさんの山崎蒸留所で購入した、ステンレス製のショットカップ。 これは、便利です。

サンプルボトルに入ったこの 『 山崎蒸留所樽出原酒8年貯蔵 』 、ウイスキーの魅力とも言えるような感じのものがたっぷりと詰まっています。 素晴らしい樽香が口の中に広がります。
d0041872_18522980.jpg


以下、ボトルの裏に書かれたデーターです。
d0041872_18525530.jpg

後ろで、妻は、グウグウ と寝ています。 私は、グビリ、グビリと本を読みながら飲んでます。

もう一本、違ったタイプのものも、持ってくれば良かったかな、とも思いました。
[PR]

by kintokijp | 2009-07-22 18:54 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2009年 07月 13日

7月13日 : たまげた!!

たまげました!!!
キリンさんの母体とサントリーさんの母体とが、経営統合を進めている、って言うニュースがインターネットを開いたら、飛び込んで来ました。

キリンホールディングの13日お昼の株価は、先週末より109円上がっています。 そりゃ、このニュースが飛び込んでくれば、素人の私だって、「買い!」ぐらいのことは、判ります。 単位株を持っていらっしゃる方は、今日のお昼に100,000円から利益が出たことになりますね。もっとも、先週末に買ったら、と言う但し書きになりますが・・・・

このことを充分に理解できるまで、私の頭では、ちと時間がかかりますが・・・・、大変な巨大食品メーカーが誕生すると言うことですね。 

ビールが、ウイスキーが、ことに私の好きな「ウイスキー」にどう影響があるのか、考えてみたいと思います。

とにかく、Big なニュースです。 一般社員の方は、そわそわ、うろうろ、でしょうな。
[PR]

by kintokijp | 2009-07-13 12:26 | 全体 | Trackback | Comments(4)
2009年 07月 06日

結婚 『 21周年 』 ウイスキー つづき その3

 結婚 『 21周年 』 ウイスキー つづき その3です。

直前のブログで、呑んだくれ さんが、「 宮城峡1988もどうぞ 」 とのことをおっしゃって下さいましたので、その ニッカさんのシングルモルト 『 宮城峡1988 』 を取り上げさせてもらいます。
d0041872_8553324.jpg

先の 『 余市1988 』 と同様、蒸溜し、樽で寝かせて、蒸溜所別のアニバーサリーとして、20年目のシングルモルトウイスキーとして出されたものと推測できます。 ラベルデザインは、『 余市 』 のヴィンテージシリーズと同じです。 1988年のヴィンテージから、「 栓 」 が、コルク式からスクリュー式となりました。 恐らくは、コストの面からそうせざるを得なくなったのでしょう。
私のような飲み手は、そんなことは、どうでもいいのです。 中身が良ければ良いのです。 中には、そうでない方もいらっしゃいます。 きっと姿にも、「こだわり」 があるのでしょう。

さて、ニッカさんの宮城峡蒸溜所で、1988年に蒸留した中で、宮城峡の特徴を出すために4タイプのものをバッティングされたそうです。
アルコール濃度は、50%です。
d0041872_912651.jpg


d0041872_914744.jpg

テイスティングナートから記述します。
色  : 澄みきった琥珀色。
香り : 穏やかな膨らみの樽熟成香。凛とした透明感をもった華やかな香りが煌めきます。湧き立つ密の香りは、まるで花畑の真ん中に佇むかのよう。カシスやベリーのフルーティな香りとシロップのような暖かさ。
味わい : 広葉樹の豊な森を潜り抜けた水のような清らかな甘さと、すっきりスムーズな味わい。 穏やかな樽熟成由来のコクと、仄かにビターな味わいが優雅に調和。
フィニッシュ : 舌を包む柔らかさと、すっきり穏やかに消えていくドライな切れ味。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私の感想
トップノート : 穏やかに甘い香りが鼻腔をくすぐりました。
香り    : 甘い香りです。 樽由来の香りだと思います。宮城峡のウイスキー特有のドロップのような香り、但し、そう強くはありません。 しばらくすると、バニラの香り=樽材から出ている香りだと言うことがはっきりします。 優しい香りです。 加水すると、樽香の甘い香りが引き立ちます。 
味    : 熟成感を感じます。 甘さを感じます。 余市のウイスキーと違い穏やかです。
フニッシュ  : 表現しずらいです。そう長くはありません。

これも、素敵なウイスキーです。 が、宮城峡、宮城峡のシリーズを想い浮かべると、好みが分かれるかもしれません。 私の頭の中には、「仙台12年」と言うのが、宮城峡のイメージとして強いですので。

私としては、加水し、召し上がられることをお勧めします。
お飲みになられたい方、未だございますよ。
[PR]

by kintokijp | 2009-07-06 09:02 | ウイスキー | Trackback | Comments(2)
2009年 07月 04日

結婚 『 21周年 』 ウイスキー つづき その2

 既に、私が、結婚21周年を迎えたことは、数回前のところでお話させていただきました。
21周年ということで、つまり、結婚した時は、1988年ですね。

その1988年のヴィンテージで、開栓したのものをご紹介します。
みなさん、ご存じの ニッカ さんが昨年出しました、シングルモルト 『 余市1988 』 をご紹介します。
d0041872_15182863.jpg


ご存じのように余市蒸溜所で1988年に蒸溜されたものです。 5のタイプのものをバッティングしたものだそうです。

アルコール濃度55%。
以下、テイスティングノートからです。
d0041872_15361774.jpg

d0041872_15364728.jpg

色あい : 赤みがかった深い琥珀色

香り   : 陶然とさせる濃厚な密の甘さ。 カシス、杏、プラムや洋梨を思わせる香ばしくもフルーティーな香り。ベースのピーティなボディ感とともに、逞しく力強い香りが広がります。全体が豊かに調和して膨らむ印象。

味わい : 樽熟成によるコクと、堂々としたピートのビター感が力強く感じられます。 磯や海草のニュアンスをまとった甘さが味わいに幅を与えます。

フニッシュ : 豊なコクと甘さをともなった、ドライフルーツのようなビターな余韻が程よく続きます。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~  ~ ~ ~

私の感想
トップノート : 甘い香りが鼻腔にひろがります。

香り : ピーティな香りの中にドライフルーツを食べた時に鼻腔に抜けるあの甘い香りを感じます。

味  : 甘さを感じます。 しかし、ドライです。 うま味というのでしょうか、そう言う感じのものが口の中で広がります。

フニッシュ : 甘い余韻が長いです。

バランスの良さをすごく感じます。

とにかく、うまいです。 余市のウイスキーです。 久光先生のバッティングの妙が光る一本です。
[PR]

by kintokijp | 2009-07-04 15:36 | ウイスキー | Trackback | Comments(2)