『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2005年 05月 31日

『マイウイスキーづくり』へ行った!:その3

 二日目、更衣室で着替えを済まし、集合した。昨晩の懇親パーティーで知り合ったばかりの仲間と挨拶を交わす。

 製樽工場↓↓
d0041872_22221951.jpg

 まず、製樽工場へ向かう。樽つくり体験だ。そこでは、名人の長谷川さんが、我々を暖かく迎えてくださった。樽を再使用するために樽の内部を焼くチャーを見せていただいた。軽々と樽の中をチャーする様子は、みごとと言う他なかった。

 そして、隣の部屋で、樽をばらし、再び組み立てる体験をした。みんなが、それぞれ帯鉄(フープ)を持ったり、その中へ側板(スティーブ)を一本一本丁寧に並べて行き、最後の一本が入って、長谷川名人が、「・・・このままでは、大切なウイスキーが漏れるかもしれないので、側板と側板の隙間に「蒲の葉」をこうやってはさむんだ・・・」とのお話には、興味をそそられました。それぞれが、ハンマー片手に持ち、もう片方の手の鏨を打ち、板と板とにできた隙間へ「蒲の葉」を挟み、鏨をすっと抜く作業は、面白かった。そして、最後に蟻溝に沿って鏡板(ヘッド)を取り付けて、この作業は終了した。私は、ここで、樽の側板の切れ端をいただいた。これは、何よりの自分に対しての土産となった。

 興奮が冷めやらぬ間に、蒸溜棟の隣の建物へ移動する。この建物は、ポットスチルから出て、コンデンサーを通ってきたウイスキーの赤ちゃんが樽と言うゆりかごの中へ入る場所であった。このニューポットを用意された樽(ホッグスヘッドか)へ入れる作業を皆の手で代わる代わるやる。9割くらい入ったところで、樽のたぼ穴(バング・ホール)にハンマーで叩き栓をした。このでは、栓の材料は、何だったんだろうか、尋ねることを忘れた。

 出来たてのニューポットを詰めた樽の鏡板に参加者のサインを入れる。この催しへの参加に対する各自の想いをサインと言う形にするこの行事は、参加者の自己満足の表れだろうか。
全員サインし終ってから、参加者が樽の脇でポーズを取っての記念写真を撮っていただく。この写真こそ、『自分がウイスキーつくりの英雄!』となって人さまに見ていただきたいものになるのだ。

d0041872_150108.jpg

 記念撮影が終わると、樽を貯蔵庫まで運ぶと言うか転がす作業が待っている。皆で代わる代わる転がし、写真を撮る。転がすことを楽しんでいるうちに2号倉庫へ到着。指示されたところまで転がす。でも最後は、係りの方に樽の位置を調整していただく。なぜならば、たぼ穴が真上を向いていなければならないからだ。暗い倉庫の中でこれから10年と言う永い成長に入る。樽に向かって各自の「頑張れよ!」と言う想いを後にして、倉庫の外へ出る。ここで、参加者全員の記念撮影がある。みんな満足している様子。良い顔だ。

d0041872_1511750.jpg

 再び更衣室で着替えて、ゲストルームへ行き、昼食会となる。皆が、ここでの素晴らしい想いでを胸の中に入れ込んでの食事。会話もはずむ。10年後の再開を約束し、お別れとなった。
[PR]

by kintokijp | 2005-05-31 15:04 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 30日

『マイウイスキーづくり』に行った!:その2

  従業員の休憩所の一部を改装して作った更衣室でローリ卿の顔が背中にプリントされたグリーンのつなぎに着替え、研修室?へ入った。当時の北の漁師(門倉)課長さんが二日間の日程、製造の概略を説明し、ビデオを見学した。

 いよいよお楽しみの製造工程へ入る。わずか2日間の催しではあるが、実際のウイスキーを造る工程と全く同じなのである。本来ならば、約1週間くらいかかるところを2日間にコンデンスしたものである。

 まずは、キルンへ入り、発芽した大麦(モルト)を乾燥、そしてウイスキー独特の香りづけをする、薫煙の工程を見学。ピートの説明を受け、ピートの香りを嗅ぎ、さわり、ピートを理解した。
(本当は、未だに充分に理解できていない) そして、ピートを釜に入れたのを記憶している。
2階の大麦を広げてある部屋を覗いた。けぶたい。この下の写真は、その写真である。

d0041872_7553070.jpg

 で、けぶたいキルン棟を後にし、乾燥させた大麦を粉砕する機械がある部屋へ行った。これまた、今では大切だと思っている所なのだが、その当時は、単なる粉砕機くらいにしか見ていなかった。ために写真はない。その粉砕機がある脇の階段から階上へ上がった。

 糖化装置(マッシュタン)があり、ここで、このマッシュタンの中へ入っての掃除が待っていた。
参加者が、順番にマッシュタンの中へ入り、大麦のかすを掃除するのである。これが、重労働なのだ。

 この重労働が終わると、隣の建物へ移動する。醗酵タンクがたくさんある場所だ。ここで、もろみを味わう。いわば、麦のジュースである。アルコール醗酵が終了したものを「もろみ」と言います。アルコール度数、約7%前後だろうか。炭酸ガスが入っているせいか、シュワっとして、りんごのような香りがし、甘かったのを覚えている。

 蒸溜釜のある建物へ移動し、無煙炭をスコップを使い、釜へくべる作業をする。この作業は、まことに絵になるので写真を記念に撮る方は多い。

 ここまでの作業及び見学が第1日である。

 この後は、服を着替えて、ニッカ会館内のゲストルームへ入り、楽しい夕食である。適当に着座した。目の前には、ビックリ驚いた。豪華な食べ物の数々が並んでいるのである。余市は、海に近いこともあり、海の幸がふんだんにテーブルの上に所狭しと並べられていた。このようなファン行事でもこのような持成しを受けたことは、いくら有料サービスとはいえ、満足しない方は、まずいないだろうと思った。「シングルカスク余市10年」で乾杯。いくらでもお替りできた。そのうち、自己紹介タイムとなった。各地から来られた人ばかり。ウイスキーを愛する人ばかり。心地よいパーティーだった。

 二次会は、今は無きパブ「シロー」で。マスターのプロ級のサックスを聞きながら、ウイスキーをいただく。これまた心地よいものだった。

 さらに、当時の林工場長と近くの居酒屋に入る。この女将が、サッカー元日本代表の北沢選手に良く似た方でだった。その女将が、私にニックネームを付けた。当時の国連にいらした、明石さんの風貌に似たところがあったのだろうか、「明石大使」と。

 これが、当時の「マイウイスキーづくり」初日だった。
[PR]

by kintokijp | 2005-05-30 20:07 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 26日

『マイウイスキーづくり』に行った!:その1

 1999年10月21日(木)~22日(金)にかけて、ニッカさんがファンサービスの一環として実施している『マイウイスキーづくり』へ参加した。当時は、今ほどではないのだが、シングルモルトがブームになっていたと思う。

 私の初めての北海道の旅は、ウイスキーの旅であった。新千歳空港から、小樽まで電車で行った。小樽から余市までは、バスを使った。小樽から余市までは、不便だろうと予想していたのだが、小樽からバスが頻繁(一時間に3本くらいか)に出ているのには、驚いた。

 余市でバスを降りると、もう目の前に石造りの立派な建物があった。ニッカさんの北海道工場、すなわち余市蒸溜所である。

d0041872_2315845.jpg

 受付で、来訪を告げて、工場の中へ入る。と、そこは、ゆったりと時間が流れている、心が和むような感じの場所であった。集合時刻には、まだ時間があったので、構内をゆっくりと見学する。

d0041872_233509.jpg

 緑が豊かな構内にさほど大きくない建物が点在している。構内のいたるところが絵になる光景には、いささか驚いた。絵を描きに来られる方が多いのもうなづける。↓↓
d0041872_22182320.jpg

 貯蔵庫の入口付近のレイアウトを変えて、原酒販売所があり、立ち寄る。シングルカスク、ここでは、原酒の表示になっていた。多分、いろいろなお客様が来るわけで、シングルカスクと言う言葉を使うより「原酒」と言った方が判り易いのだろうと、勝手に理解した。

d0041872_233938.jpg

 この当時は、未貯蔵、5年、10年、15年の4種類だけが販売されていたと記憶している。
それぞれスニフターグラスにウイスキーを入れていただきテイスティングさせてもらった。「うまい」と思った。このようなことをしている内に集合時刻となった。集合場所へ向かった。
[PR]

by kintokijp | 2005-05-26 13:34 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 22日

ほやほや最新の“Whisky Magazine”から

 本日(5月22日)、最新の“Whisky Magazine46号が到着しました。
下記の表紙の写真の通りに ベスト・オブ・ザ・ベスト の結果が掲載されていました。

d0041872_10171620.jpg


 今回は、アメリカン、アイリッシュ、ジャパニーズ、スコティッシュシングルモルト、スコティッシュブレンドの5分野で分け、それぞれの分野の勝者が、「ザ・ベスト・オブ・ザ・ベスト2005」の称号が与えられました。

 日本分野での「ザ・ベスト・オブ・ザ・ベスト2005」は、サントリーさんが、SMWSへ出した樽の中から、「山崎カスクストレングス」No.119.3です。

 準優勝とも言うべき「ゴールドメダル」に輝いたものは、「響17年 50.5」でした。ここに掲載されている写真は、この受賞したものをさらに加水したもので、違っています。(きっと出版社で「響17年」ということでしたので、間違いたのだと思われます。写真の方が有名ですから)

 第3位とも言うべき「シルバーメダル」に輝いたのは、キリンディステラリーさんの「エバモア 
2004 21年」
です。
「エバモア」は、ブレンドで、1999年から毎年出しておりまして、2004年のボトリングのものです。

 第4位とも言うべき「ブロンズメダル」に輝いたのは、ニッカさんの「宮城峡10年」でした。
シングルモルトです。

d0041872_10174775.jpg

[PR]

by kintokijp | 2005-05-22 22:05 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 21日

寄り道:「ウイスキー」専門の雑誌

 今日の「寄り道」は、「ウイスキー」専門の雑誌。
 
 ウイスキーについての雑誌が、世界中を見回しても、ほとんどありません。
 英国の“Whisky Magazine”、アメリカの“Malt Advocate”くらい
 でしょうか。
 http://www.whiskymag.com/
 http://www.whiskeypages.com/

 たぶん三番目になろうかと想います。それが、わが国から、三月に出ました。
 その名は、The Whisky Worldであります。でも、日本語でかかれてますから。

 で、私は、“Whisky Magazine” は、創刊号から愛読してます。そして、この“The Whisky World”もこの創刊号から愛読しようとおもってます。なにしろ、2年分予約すると、100mlウイスキーのプレゼントがあるということにつられまして、思わず予約してしまいました(爆笑)。で無事に着ました。

 
d0041872_10433358.jpg

 (世界で3番目であろう“ The Whisky World” 表紙にかすれた黒い筆記体の文字は、土屋さんに書いていただいたサインです )

 
d0041872_10452597.jpg

 (Whiskyの本家である英国の “ Whisky Magazine ” これは、最新の45号です )
[PR]

by kintokijp | 2005-05-21 10:55 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 19日

寄り道:バラを観に出かけました

 ウイスキーと関係のないお話をさせていただきます。
 昨日、5月18日休暇をいただきまして、妻と伊豆の河津にある『河津バガテル公園』へバラを観に出かけました。

 かねてよりここのバラを観に出かけたかったのですが、やっと出かけることができました。
 ご存知の通り、バラの咲く時期ですが、この5月、6月あたりが、花が咲く種類が一番多いかと思います。冬に行っても、さほど咲いていませんから。場合によっては、全く咲いていないかもしれません。やはり、花がたくさん咲いている時期に行って、観てみたいじゃないですか。

 妻が、バラが好きで、我が家でも、狭い場所に地植えや、鉢植えでいくつかあり、今たくさん花をさかせてくれてます。私も、妻も、やっと願いがかなった、と言う感じです。

 見事でした。バラの手入れも行き届いておりました。花もたくさん咲いておりました。いわゆる庭園様式は、フランス式庭園と言うのでしょうか(えっへん、私これでも一級造園施工管理技師の資格を所持しております:大したこと無いですが-爆笑-)。
パンフレットには、1100種類、6000株あるとのことです。みごたえありました。

d0041872_132728.jpg


d0041872_1328778.jpg

[PR]

by kintokijp | 2005-05-19 13:33 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 17日

蒸留所をはしごする

 1999年8月です。息子のキャンプ地を訪れるために信州へ行きました。そのままキャンプ地だけを訪れるだけでは、もったいないと考え、「マルスウイスキー」さんの蒸留所を訪れました。ここの会社の本体は、焼酎メーカーとして有名です。本坊酒造さんです。

 最初は、鹿児島でウイスキーを製造していたようです。昭和60年に、中央自動車道、駒ヶ根インターチェンジを降りたすぐ近くに蒸留所を移転したようです。ポットスチルは、かなり小ぶりの初留釜と再留釜の2基だけでした。

 翌日、帰りの途中で、「サントリー」さんの白州蒸留所へ寄りました。ここは、「モルトウイスキー」製造では、世界で最も規模が大きいと耳にしました。

 両蒸留所とも、車で立ち寄りましたので、残念ながらウイスキーを口にすることができませんでした。

教訓:蒸留所へ行く時には、ハンドルは、アルコールの飲めない人に持ってもらいましょう。
[PR]

by kintokijp | 2005-05-17 22:15 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 16日

蒸溜所見学は、楽しい!

 私が、初めて蒸溜所を見学したのは、1979年か1980年かの夏だと思います。
どこへいったの、ですかって。メルシャン(当時は、三楽オーシャン㈱)さんの軽井沢蒸溜所でした。その当時は、ウイスキーに全く関心がありませんでした。そこで飲ませていただいた軽井沢シングルモルト17年(日本で最初のシングルモルトウイスキー)が、すごく美味しかった、記憶だけあります。当時の香り、味は、残念ながら覚えておりません。ノートも取っていませんでしたし。キーホルダーを見学記念としていただきました。

 このようなこともあり、現場を見学させていただくことが好きになりました。

 そして、ウイスキーに関心を持ち始め、自分の目で確かめたい、と言う想いはつのりまして、我が家から一番近いキリンディステラリー(当時は、キリンシーグラム㈱)さんの御殿場蒸溜所を訪れました。

 この蒸溜所は、当時としては、世界でも稀にみる工場であったようです。と申すのは、一つの工場の中で、「グレインウイスキー」と「モルトウイスキー」の両方を製造する設備を持っているからです。(現在では、ニッカさんの仙台蒸溜所なども両方を製造しています)

 蒸溜所の中へ足を踏み入れますと、飲兵衛には、たまらないおいしい匂いが漂ってくるではありませんか。これだけで、見学させていただいた会社の製品が好きになってしまう。
 
 ポットスチルの形が、大きさが、会社によって違うことを自分なりに発見しました。

 とにかく、見学が終わり、最後が試飲です。多分、見学される方は、これがお目当てかもしれません。かく言う私もその一人ですから。

試飲させていただいたもの:「ロバートブラウン

 若い、きれいなお姉さんに案内していただき、ウイスキーが試飲できるのですから、こんなに楽しいことはありません。
 
 このような具合ですから、時間と少々のお金が出来たときは、蒸溜所を見学するようになったのです。
[PR]

by kintokijp | 2005-05-16 19:05 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 15日

「スコッチモルトウイスキー」の地域の違いを知る

 私が、「ウイスキー」と付き合って来た過程をちょっと脇に置きます。

 私のような者でも、時に「地域別の物を飲みたいのですが、何を飲んだらいいのですか」と尋ねられることがあります。

 その際には、ディアジオ社から出されている「クラシックモルトシリーズ」をお勧めしてます。

 「なぜか」、と言いますと、このウイスキー業界の巨人であるディアジオ社の傘下にある蒸留所のうち選び出された蒸留所の「ウイスキー」だからであります。しかも、各地域の特徴と言いましょうか、個性と言いましょうか、そのようなものが出ているのです。

   ・ローランド地域の「グレンキンチー10年」
d0041872_14411724.jpg

   ・スペイサイド地域の「クラガンモア12年」
d0041872_1443266.jpg

   ・西ハイランド地域の「オーバン14年」
d0041872_1443235.jpg

   ・ハイランド地域の「ダルウィニー15年」
d0041872_14434271.jpg

   ・アイランズ地域の「タリスカー10年」
d0041872_1444232.jpg

   ・アイラ地域の「ラガヴーリン16年」
d0041872_14442090.jpg

 
 どのような違いかは、どうか味わってみてください。
 今では、いろいろなものをいただきますが、スコッチに関しては、私は、自分が好みか否かを別としまして、この「クラシックモルトシリーズ」の6本を基本にしています。いろいろ飲んで、判らなくなった時にこの6本の入手し易いありがたさをしみじみ感じます。
[PR]

by kintokijp | 2005-05-15 14:55 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 14日

『モルトウイスキー大全』に出会う!

 そうこうしているうちに、本屋さんを覗いては、「ウイスキー」に関するものは、ないかと探し始めました。そこで、出会った本が『モルトウイスキー大全』(土屋守:小学館:1995)であったのです。「シングルモルトウイスキー」を学びたいと思ってましたから、すごく嬉しかったのが今でも蘇ります。それまでは、英国人が書いたものの翻訳ぐらいで、それも数冊しか出版されていなかったと思います。日本人がスコットランドの蒸溜所を巡って書いたものは、過去にありましたが、全蒸溜所を網羅したものは、ありませんでした。ですから、この本を購入し、もくじをめくった瞬間、思わず「おぉ~」と心の中で叫びました。それほどインパクトが大きかったのでした。この本は、付箋だらけです。何しろ、日本語で読むことができるのが嬉しかったです。

この本は、この「ウイスキー」は、どうのこうのと言うことよりも、蒸溜所の歴史や蒸溜所の状態、ブレンドに供されているウイスキー銘柄、地理的なことなど、いわゆる蒸溜所の文化を私たちに伝えてくれているのであります。「ウイスキー」を飲む上でこのようなことを知っていた方が、より大事にかつ美味しく飲むことができるのではなかろうかと思います。
d0041872_19151879.jpg

(右が、初版の『モルトウイスキー大全』、左が『ブレンデッドスコッチ大全』:土屋守:小学館)
[PR]

by kintokijp | 2005-05-14 19:19 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)