『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:他 アルコール飲料( 8 )


2017年 08月 27日

今年の夏は、「ジャパニーズジン」が熱かった! うまかった!!



もうじき、八月も終わります。 今年の夏、なんか、変でしたねぇ。 梅雨が明けた途端に、全国的に雨、雨、長生き台風・・・・・、ここでやっとこさ、夏らしくなったのですが、暦の上では、早や「立秋」をはるかに過ぎ「処暑」も、過ぎました。 なんとも、短い夏・・・です。

とは、言っても、ここ数日、暑いです。

みなさまも、ご存じのとおり、今年は、国産の「 ジン 」 が各社から出ましたね。

で、小生も、気になっていたものがあり、梅雨明け前に気になっていた 「 ジン 」 を手にすることができました。

従業員5人でおやりになっている (株)Number One Drinks さんと言う会社さんが製造されているジンを購入しました。

日本で初めてのジン専門の蒸留所だそうです。

その名は、 「 季の美 京都ドライジン 」 の 『 KI NO TEA 』 です。

本当は、昨年出された初回のものが欲しかったのですが、直ぐに売り切れ、残念でしたと言う状況でした。

誠におこがましいのですが、小生の知り合いでもあります、元サントリーさんの山崎蒸留所所長の大西先生や、デビット・クロール氏、元木氏などの錚々たるお方が関わっていらっしゃいます。

なぜ、お値段が、今までの外国製と比べてお値段が張るのか、と理由の一つが、ここのジンは、ジンの香り成分の元の植物の特性毎に別々に蒸留した後にブレンドすると言う方法を取っていらっしゃるということです。何でも、11種類の植物を6つに分類したそうです。

ベース、柑橘、茶、スパイス、フルーティー&フローラル、ハーベル。

ベースのアルコールは、米。これが、酒質にまろやかさと独特の甘味を出しているとのこと。

造り手の頭は、このために英国から来日していただいたアレックス・デービスさん。

d0041872_17564019.jpg
d0041872_17554731.jpg
さて、アルコール度数は、45%。
開栓した時の香りは、素敵な何と言っていいのか、シトラス、シトラス。柑橘系です。 そして、その中におごそかな、品のあるフローラルな香り、と玉露の香りが混ざったような複雑な香りです。 きっと厳かな香りは、玉露が醸し出しているのだろうと推測できます。 甘い香りですね。 ジャパニーズジンを実感したような感じです。

一番上の写真は、テイスティンググラスに注ぎました。この後、氷をひとかけら入れまして、氷が溶けて行く様子を見ながら楽しみました。 のど越しが、また素晴らしいです。

他社さんから出ているジンも楽しみたいと思います。

[PR]

by kintokijp | 2017-08-27 22:14 | 他 アルコール飲料 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 30日

高濃度の 「 さつま無双 」 がうまい!!

梅雨真っ只中、蒸しますね・・・。

ここ最近、 「ロイヤルさつま無双」 と言う焼酎をロックでいただいております。

d0041872_18323850.jpg

お湯割りでいただいた際の写真 ↑ ↑

d0041872_18342146.jpg

芋焼酎であります。

この香り、癖になりますねえ・・・・。

「高濃度」、と謳っていますので、アルコール度数は、44%です。 小生は、普段が、ウイスキーをいただいていますので、この度数は、気になりません。

初めて、この焼酎をいただいたのですが、自分的には、うまい、と思っています。 独特の香りが何とも言えません。

さて、6月は、今日でお仕舞いです。

ご覧になり難い点は、どうかご容赦下さい。 未だ、慣れません・・・・。



[PR]

by kintokijp | 2017-06-30 18:38 | 他 アルコール飲料 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 21日

Prendo il latte in cointreau

秋ですね!
今日は、風呂上りの一杯!

牛乳を飲まれる方も、おいでになるかと思います。

銭湯へ行って、風呂上りに「コーヒー牛乳」や「フルーツ牛乳」を飲むことが、ステータスだった時代が昔、昔の日本にはありました。

小生も、子供の頃、憧れました。だって、コーラや今みたいなコーヒーのある時代ではなかったのですから・・・・。

お風呂屋さんの入り口の番台の近くの外から見える両開きの冷蔵庫の中に牛乳(白)、フルーツ牛乳、コーヒー牛乳の瓶が並んでいたものでした。

でも、なかなか買ってもらうことができませんでした。

・・・・

時代は、進み、家庭にお風呂が備わる時代となり、今日に至っています。

でね、小生は、フルーツ牛乳が好きだったわけです。

大人になって、コアントローを知り、お菓子作りには、欠かすことのできない材料となりました。

未だ、これを飲む、と言った考えは無かったのですが、ひょんなことで、オレンジの香りが強いので、ミルクに入れてみたら、どうかな? と思い、やってみました。

出来上がったものは、何の変哲も無い、無色でしたが、オレンジの良い香りが漂います。
d0041872_2141438.jpg

当たり前ですね。だって、コアントロー自体が、オレンジを蒸留した液体で、無色透明ですものね。
一口、口に入れますと、ぱ~あ~っと口の中にオレンジが広がったのでありました。

美味い!! と言うことになり、それ以後、時々ミルクにコアントローを入れて飲む習慣が身につきました。 同じオレンジの系統のリキュールであるグランマニエではないのです。コアントローでなくてはならないのが不思議、不思議。

で、この日も、飲みたくなり、厨房を探し、コアントローを冷えたミルクに加え、かき混ぜ風呂上りにいただいたのでありました。
d0041872_21421341.jpg

ああ!美味かった!!

皆さんも、是非お試しになっては如何でしょうか?
[PR]

by kintokijp | 2016-10-21 21:44 | 他 アルコール飲料 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 23日

 焙煎樽熟成梅酒

2016年の関東地方では、今日(7月23日)、未だ梅雨が明けていません。

梅雨とき、と言えば、小生の頭の中では、 『 梅酒 』 が頭の中をぐるぐると・・・。 みなさんは、どうですか?

そこで、先月でしたが、酒屋さんへ行って、 サントリーさんの 『 山崎蒸溜所貯蔵 焙煎多雨熟成梅酒 』 、なるものを求めてきました。
d0041872_14104668.jpg

サントリーさんでは、 梅酒をどうやらホッグスヘッド樽の中で熟成させているようです。 熟成時間全てなのでしょうかね?

確か、以前、 『 響12年 』 が世に出る数ヶ月前くらいに 輿水先生が 「 梅酒を作っていた樽の中へ響12年の原酒を入れてある程度の期間熟成させました・・・」 、とおっしゃった記憶があります。 と言うことは、ウイスキーの多様性を求めるために現在でも、 『 梅酒 』 をウイスキーの樽へ入れて熟成させ、どの段階は判りませんが、 『 梅酒 』 のニュアンスを持った空き樽へウイスキーを入れて熟成させ、他の樽のものとバッティングさせているのかなあ、と推察しました。

まっ、こんなことを考えながらこの 『 梅酒 』 をロックや、ソーダ割りでいただくのも、なかなか好いものですよ。
小生的には、この 『 梅酒 』 、いま一つ甘みを少なくしていただければ、嬉しいなあと思っています。

クリアで美味いと思いますが、小生には、甘すぎます(笑)。

d0041872_14111411.jpg

ボトルは、美しいですね。 裏面は、山崎をイメージする竹林のデザインです。

ちなみに、現在、 『 響12年 』 は、絶版です。 また、この 『 響12年 』 について、書いてみたいと思います。 
[PR]

by kintokijp | 2016-07-23 14:12 | 他 アルコール飲料 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 29日

『 森伊蔵 』

 ご無沙汰してすみません・・・・・

 先月、突然! お客さまから「これ飲みませんか?」と尋ねられて、思わず、「いただきます」と厚かましくも答えた小生・・・。

その酒は、ななんと、かの超有名であり、呑兵衛にとっては、垂涎の焼酎『 森伊蔵 』なのでありました。

初めてです。 憧れの焼酎、お客さまに呼んでいただいた場所は、高級な酒場ではなく、肉屋さん。
そこにあったのです。

ロックでいただきました。

d0041872_23441298.jpg

小生が知っている焼酎の香味ではありません。 形容は難しいのですが、ともかくも香りは素敵でした。味も、焼酎と言うような感じではないのです。 既に、これをいただくまでに小生にとっては、アルコールがかなり体内に入っているがために香味を感じるところがやや怪しくなっていたことは事実ですが、それを差し引いても、素晴らしいスピリッツを飲んでいるような気がしたことだけは、確かでした。

また、いただく機会があるのでしょうか?
[PR]

by kintokijp | 2014-07-29 23:45 | 他 アルコール飲料 | Trackback | Comments(2)
2012年 04月 24日

” MEAD ”だよ!! 蜂蜜酒

ご無沙汰してまぁ~す。今日は、「蜂蜜酒」を取り上げさせていただきます。

実は、私のものではなく、妻のものなのですが・・・・・。

みなさんは、お好きでしょうか?「蜂蜜酒」?
d0041872_17173382.jpg

私は、ちょこっとだけなら・・・・・。妻が大好きなんです。

私が、「蜂蜜酒」を知ったのは、そう古い話ではありません。 「ハリーポッター」の物語の中で、知ったのでした。妻は、と言えば、それ以前から知っていたようです。

これは、今年の一月に新橋駅の近くで購入したものです。
d0041872_1718241.jpg

さて、色は、やや赤っぽい褐色でしょうか。

香りは、蜂蜜の香りです。

味は、私は、あの赤玉スイートワインを彷彿させる感じです。甘いです。
d0041872_17182296.jpg

アルコール度数は、12.5%です。

私にとっては、甘すぎますので・・・、やっぱり、これは、妻のもですね。

オーストラリアで製造・・・・。こんなところです。
[PR]

by kintokijp | 2012-04-24 17:20 | 他 アルコール飲料 | Trackback | Comments(0)
2011年 08月 25日

熱い夏に 『ジントニック』 がうまいぞ!!

ずいぶんと間が空いてしまいました・・・・・・・・ペコリです。
体も、懐も、夏バテかぁ~・・・・・・

このところ、急に 『 ジントニック 』が飲みたくなりました。

で、一昨日、食品スパーに行って、ジンとトニックウオーターを買ってきました。

さらに、昨日、妻が「ライム」を買ってくれました。

で、昨晩、帰宅してから、ご飯前におもむろに準備し、作りました。
d0041872_10562430.jpg


で、こんな具合に・・・です。

熱い時、爽やかで美味かった!!!!

ウイスキーと違い、お値段的には、求めやすいですので、
是非みなさんも、色々なジンを使って、色々なトニックウオーターと組み合わせて作ってみてはどうですか!!

今晩も、作って呑むぞ!!
[PR]

by kintokijp | 2011-08-25 10:56 | 他 アルコール飲料 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 23日

" ARTE LATINO CAVA BRUT " 美味かった!!

先日、息子が東北のボランティアから無事に戻ったことでもって、手持ちのスパーリングワインを開けてみました。
d0041872_8581379.jpg

もう、最近は、友人から教えてもらったスペインのスパーリングワインのカヴァを飲む機会が多くなりました。 コストパフォーマンスが良いのです。

・・・で、この日は、「 アルテ・ラティーノ・カヴァ・ブリュット 」(ARTE LATINO CAVA BRUT )を開けてみました。
d0041872_8583659.jpg

このカヴァは、18か月熟成させたものだそうです。
d0041872_8585475.jpg

なんでも、アメリカのワイン専門誌の「ワイン&スピリッツ」で、2002年から3年連続して、バリュー・オブ・ザ・イヤーに選出されたワインであるようです。

で、上品な香りです。

味は、ドライで、ミネラルを感じさせます。切れが良いです。
d0041872_8591238.jpg

で、何しろ、グラスからの泡立ちが良いです。 

ああ! 美味い!

お買い得です。 何しろ、成城石井さんで、確か1200円くらいでなかったか、と記憶していますが・・・・。

また、買いに行こう!!
夏の熱い時のひと時、冷やしていただくのは、良いですねぇ・・・・。
[PR]

by kintokijp | 2011-05-23 08:59 | 他 アルコール飲料 | Trackback | Comments(2)