『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ

2007年 12月 31日 ( 1 )


2007年 12月 31日

本年の「印象に残る」こと

2007年12月31日です。
今年の私にとっての印象に残っていること。

・私的には、11月にかねてよりお会いしたかったUdo女史にお会いできたことです。

・ウイスキー業界では、恐らくは、世界でも初めてではなかろうか、と言うものが、ニッカウイスキーさんから出された 『シングルカフェモルト12年』 が、この年の最大のウイスキーニュースではなかったかと思います。
d0041872_2391470.jpg

高価なウイスキー、珍しいモルトが数々出た中で、この 『シングルカフェモルト12年』の出現は、世界の注目を集めたのではないかと思います。
d0041872_23102529.jpg

私には、世のウイスキー評論家の先生方は、この『シングルカフェモルト12年』をどう見ていらっしゃるかは分かりません。

今、その『シングルカフェモルト12年』をこれを書きながらいただいています。

★以下、『シングルカフェモルト12年』に添付されている紹介文をそのまま掲載させてもらいます。

「ニッカ『シングルカフェモルト12年』は、1830年初頭、イニアス・カフェ氏が発明した連続式蒸留機(カフェ式蒸留機)によるモルト100%ウイスキーを12年以上貯蔵した原酒だけをヴァッテイングしたウイスキーです。
ニッカウヰスキーの創業者竹鶴政孝は、ウイスキーの理想を追い求める中でブレンデッドウイスキーに使用するグレーンウイスキーを重視し、グレーンウイスキー用の蒸留機としてカフェ式蒸留機の導入を果たすことを夢見ていました。
カフェ式蒸留機でつくられたグレーンウイスキーは、穀物由来の香りや成分が蒸留液に残るため、モルトウイスキーとブレンドすることで、スムースなコクとやわらかで伸びのある味わいのブレンデッドウイスキーをつくることができるからです。
その政孝の彼岸は1963年に叶えられ、英国よりカフェ式蒸留機を日本の西宮へ導入しました。当時でも既に旧式の蒸留機であったカフェ式蒸留機はその操作には職人技ともいえる技術が必要であり、安定した品質のグレーンウイスキーを蒸留できるまでの技術者の苦労は相当なものでした。
ブレンデッドウイスキーには通常グレーン(とうもろこし)を主体としたグレーンウイスキーを使用しますが、ニッカウヰスキーでは100%モルトを原料にカフェ式蒸留機で蒸留したものを”カフェモルトウイスキー”として「オールモルト」などにブレンドしています。
このカフェ式蒸留機による「カフェモルトウイスキー」のみの商品化はこれまで行っておりませんでしたが、多くのウイスキーファンの方々からの強い要望が寄せられておりました。
「シングルカフェモルト」という世界的にも例をみないウイスキーを商品化するに際し、ニッカヰスキー社、アサヒビール社は2006年から欧州でニッカ商品販売契約を締結した「メゾン・ド・ウイスキー(La Maison du Whisky)社」と協議し、世界のウイスキーファンへの「メッセージ」として、この商品化、並びに日欧での同時発売を決定しました。」 と。

★添付のテイスティングノートより
・色合い
 深いゴールド
・香り
 やわらかくミルキーな香り、花のような香りと穏やかな樽香が調和します。
 麦畑を思わせるほのかにグリーンな香りが爽やかさとなって、
 上品なボディーをつくります。
・味わい
 カフェ式蒸留機ならではの盛るとの柔らかなコクと樽熟成によるバニラの
 甘さがふっくらと口中に広がります。クッキー&クリームのような
 なめらかな甘い舌触りと軽やかなビター感のある味わい。
・フィニッシュ
 柔らかく、スムースなキレとかすかに残る甘い余韻。  以上

私の印象
・トップノートは、バニラ、バニラ、そうバニラアイスです。柔らかい感じの樽香。
 味は、バニラの甘さがの中に苦味があります。甘さと苦味の調和。深い感じです。
 加水すると、スパイシーな感じがします。はじける感じ。
 フィニッシュは、甘苦いが短いです。


この一年、お読みいただいた、開いて下さった多くの方々に感謝申し上げます。
このように続けてこれましたのもみなさま方のお陰であると感謝しております。
どうもありがとうございます。

来年も、多くのみなさんのお励ましを糧に一回でも多く掲載させていただこうと思っています。
どうか、温かいご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

来年も、是非ごらんいただきたいと存じます。
                                   
[PR]

by kintokijp | 2007-12-31 23:10 | 全体 | Trackback | Comments(1)