『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 06日

結婚 『 21周年 』 ウイスキー つづき その3

 結婚 『 21周年 』 ウイスキー つづき その3です。

直前のブログで、呑んだくれ さんが、「 宮城峡1988もどうぞ 」 とのことをおっしゃって下さいましたので、その ニッカさんのシングルモルト 『 宮城峡1988 』 を取り上げさせてもらいます。
d0041872_8553324.jpg

先の 『 余市1988 』 と同様、蒸溜し、樽で寝かせて、蒸溜所別のアニバーサリーとして、20年目のシングルモルトウイスキーとして出されたものと推測できます。 ラベルデザインは、『 余市 』 のヴィンテージシリーズと同じです。 1988年のヴィンテージから、「 栓 」 が、コルク式からスクリュー式となりました。 恐らくは、コストの面からそうせざるを得なくなったのでしょう。
私のような飲み手は、そんなことは、どうでもいいのです。 中身が良ければ良いのです。 中には、そうでない方もいらっしゃいます。 きっと姿にも、「こだわり」 があるのでしょう。

さて、ニッカさんの宮城峡蒸溜所で、1988年に蒸留した中で、宮城峡の特徴を出すために4タイプのものをバッティングされたそうです。
アルコール濃度は、50%です。
d0041872_912651.jpg


d0041872_914744.jpg

テイスティングナートから記述します。
色  : 澄みきった琥珀色。
香り : 穏やかな膨らみの樽熟成香。凛とした透明感をもった華やかな香りが煌めきます。湧き立つ密の香りは、まるで花畑の真ん中に佇むかのよう。カシスやベリーのフルーティな香りとシロップのような暖かさ。
味わい : 広葉樹の豊な森を潜り抜けた水のような清らかな甘さと、すっきりスムーズな味わい。 穏やかな樽熟成由来のコクと、仄かにビターな味わいが優雅に調和。
フィニッシュ : 舌を包む柔らかさと、すっきり穏やかに消えていくドライな切れ味。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私の感想
トップノート : 穏やかに甘い香りが鼻腔をくすぐりました。
香り    : 甘い香りです。 樽由来の香りだと思います。宮城峡のウイスキー特有のドロップのような香り、但し、そう強くはありません。 しばらくすると、バニラの香り=樽材から出ている香りだと言うことがはっきりします。 優しい香りです。 加水すると、樽香の甘い香りが引き立ちます。 
味    : 熟成感を感じます。 甘さを感じます。 余市のウイスキーと違い穏やかです。
フニッシュ  : 表現しずらいです。そう長くはありません。

これも、素敵なウイスキーです。 が、宮城峡、宮城峡のシリーズを想い浮かべると、好みが分かれるかもしれません。 私の頭の中には、「仙台12年」と言うのが、宮城峡のイメージとして強いですので。

私としては、加水し、召し上がられることをお勧めします。
お飲みになられたい方、未だございますよ。
[PR]

by kintokijp | 2009-07-06 09:02 | ウイスキー | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://whiskies.exblog.jp/tb/9949412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ニッカファン、呑んだくれ at 2009-07-09 00:43 x
足柄山の金太郎 様 こんにちは
オラは逆に
最近のマッカラン同様、加水すると
「コク」がなくなるような気がします。
個人的にはストレートがお勧め!!!

いろいろと、好みが分かれるのもいいところでしょうか。
Commented by kintokijp at 2009-07-09 14:01
呑んだくれ さん
いらっしゃいまし
う~ん・・・・、 むずかしい・・・・。
呑んだくれ さんが、おっしゃる点は、私なりの勝手な解釈を許していただけるとするならば、この宮城峡は、インパクトとしては弱いから、加水しては、うま味が弱くなる、と言うことかな、と思うのです。
私は、ニートでの場合、アルコールの強さのようなものを感じてしまったので、加水したら、おっ良いか、てな感じとなったのです。 恐らく、時間が経てば良くなるかもしれませんが・・・・。
一方、余市1988は、ニートが良いと思います。 バランスは、断然、余市1988かなとこれまた勝手に思ってます。

どうもありがとうございます。これからも、ちょくちょくコメントして下さい。


<< 7月13日 : たまげた!!      結婚 『 21周年 』 ウイス... >>