『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 09日

残念かな! サントリー 『クォータリー』 休刊・・・

先月半ばのことです。
みなさんも、ご存じの サントリーさんの飲酒文化を伝える 『 クォータリー 』 が、この88号をもって、休刊いたします、と言うことでした。 

編集後記から、抜粋させてもらいます。
「 小誌は1979年、新たな飲酒文化の創造を目的に創刊。以来30年を経て、弊社の事業ポートフォリオも大きく変容し、今春からは純粋持ち株会社制に移行しました。改めて小誌の果たす役割を見つめ直した結果、今号をもって休刊させて頂くことに致しました・・・」、と。 

編集の方に直接問い合わせたわけではありませんが、サントリーさんが、私たちにこの雑誌を使ってサントリーさんが、飲酒文化の中で訴えたいこと、伝えたいことが、インターネットやメルマガと言う経費も少なくて済む、かつ素早く伝えることができるものにとって代わったのかなぁ、と言う勝手な解釈をしたのですが、恐らく、幾らかは、当たっているのだろうと思います。

私は、印刷文化も、あっていいのじゃないか、と思う方なので、休刊が残念でならない一人です。 ホームページ作成に比べたら、冊子にされると言うことは、大変なご苦労があろうかと言うことは、容易に推測できます。

ホームページがすべて良いか、と言えば、NOなんです。 だって、過去も、古いものになりますと、ホームページの存在すらないのですから。 印刷になっている、と言うことだけで、すごいことなのです。 私みたいな者でも、このブログを作成するのに、しばしば印刷物に頼りますので。

再び、何らかの印刷物と言う形になって世に現れることを期待しています。

さて、今回は、これを以て休刊です、と言うにふさわしい特集でした。
『 日本のワイン 』 です。 副題は、『 「登美の丘」の100年 』。

日本のワインの歴史は、浅いですが、努力の歴史は、深いものがあります。 その結果、世界的にも高く評価されるワインが近年、世にたくさん出るようになりました。

今回の冊子を見ながら、一昨年、サントリーさんのワイナリーにお呼びいただいたことのことを思い出しました。 「登美」 、 「登美の丘」、 秘蔵のワイン などをテイスティングさせていただいた日のことを・・・・
d0041872_18111199.jpg


d0041872_18113237.jpg


d0041872_18115652.jpg


d0041872_18122456.jpg

私が発信している「あしがらの風」の読者さんでもいらっしゃいます渡辺技師長さんです。

d0041872_18124134.jpg


d0041872_18125715.jpg


d0041872_18131299.jpg


d0041872_18133343.jpg


d0041872_18134751.jpg


d0041872_18144054.jpg


d0041872_1815087.jpg


d0041872_18153098.jpg


興味のある方は、是非お読みになられて、ご損はないかと思います。
[PR]

by kintokijp | 2009-05-09 18:16 | 本 及び 印刷物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://whiskies.exblog.jp/tb/9703878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Rタロと♀子の父 at 2009-05-09 21:04 x
そうなんですか、休刊ですか、知りませんでした。
私もたまに買ってました。おっしゃるとおり、印刷物の良さ、というか、メルマガだけになっちゃうような風潮もさびしいですね。
Commented by kintokijp at 2009-05-09 23:44
Rタロと♀子の父 さん ようこそ・・・
私は、読みみ始めたのは、今から10年ほど前くらいからでしょうか。 ウイスキーの特集があった時くらいしか購入はしなかったのですが、他の記事にも興味が出始め、数年前から年間予約で送ってもらうようにしていました。 なにしろ、厚さの割合からしたら、いろいろな要素を持ち、中身が濃いと言う感じでした。 「文化」 と呼ぶにふさわしい内容だったと思います。 

どうもありがとうございました。
Commented by サントリーファン、呑んだくれ at 2009-05-10 00:21 x
私も定期購読をしてなくて、
何かの折にもらうだけで、
87は2冊あるのですが・・・・・・
お金を払って読まないのがいけなかったのでしょうね。
Commented by kintokijp at 2009-05-11 11:49
呑んだくれ さん いらっしゃい!!
何とも、いえません・・・・・

でも、売れるような冊子ではありません。 それだけに読者に媚びていない、と言うことは確かかもしれません。 

いつか、別の形で出てくることを願ってます。


<< Our great &quo...      『 響12年 』 飲んじゃったよ! >>