『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 18日

”Old Parr Classic 18 years”  うまいよ~

 今日は、 『 オールドパー クラシック 18年 』 のお話です。

d0041872_20225160.jpg

もう、既にみなさんは、ご存知だと思います、が、大変美味しいウイスキーなのでとりあげさせてもらいます。

これも、今年の正月から愉しんでいます。 私が、初めていただいたのは、今から3年前でした。 とても、衝撃的でした!
このウイスキーが、世に出たのは、2004年だったかと記憶しています。

d0041872_20232926.jpg

『 オールドパー 』 かと言えば、これも、グレーンウイスキーがブレンドされているブレンデッドウイスキーなのでは、と思われるかもしれませんが、これは、いわゆる「ピュアモルトウイスキー」なのです。 これが、一つの驚きです。

ウイスキー業界の巨人たるディアジオが、数多く所有しているモルトの中からこの「クラシック18年」にふさわしいものだけをレシピに従って選び抜いたモルトをバッティングし、出来たのがこの「クラシック18年」なのです。

すごいのは、これだけでありません。

製品にする際に、1930年代の頃の製法に忠実に従っているとのことだそうです。
すなわち、伝統的な濾過方式によっている、と言うことなのだそうです。 それは、ボトリングの前にチルフイルターで濾過せず、ペーパーフィルターやポリフィルターによる濾過で瓶詰めされていると言うことだそうです。

それだけではありません。 室温と同じになるまでウイスキーを瓶詰めするのを待つのだそうです。 約24時間だそうです。

このウイスキー、アルコール度数が、46%です。
これにも、意味があるというのです。

d0041872_20235120.jpg

それは、冷たい場所で保管していると、沈殿物が発生し易いのは、みなさんご存知だと思います。 それを防ぐ意味で、少しアルコール度数を高くしているのだそうです。

そう言った努力の末に出来たこの製品に、評論家の土屋氏は、「最初にこのウイスキーに出会った時は、衝撃的だった」と語っていらっしゃいました。

なんとも、すごいウイスキーだと思います。

旨いです。 フルーツの香り、それもどっしりとしたおいしいフルーツ香です。 良い樽香。 そして、穏やかなスモーキーさ。 私ごとききが申すのもおこがましいのですが、「バランス」という点では、申し分ありません。

ディアジオの 『すごさ』 を十分に感じ取れる一本だと思います。
[PR]

by kintokijp | 2008-01-18 20:24 | ウイスキー | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://whiskies.exblog.jp/tb/7009780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by serendipity at 2008-01-20 11:53 x
オールドパークラシックは本当に美味しいですね!
ウイスキーマガジンライブ2005で土屋氏とゴードンベル氏のマスタークラスを受けた際初めて飲んだのですが、初めの一口で衝撃が走り感動したことを今でも鮮明に覚えています。
お酒好きの方への贈り物にも真っ先に浮かぶボトルです^^
Commented by morinikurasu at 2008-01-20 13:52
こんにちは、ごぶさたしております。
「オールドパークラッシック18年」覚えておきます。
すごいウイスキーということがよくわかりました。
オールドパーにブレンドではないものがあったことにも驚きです。
みき
Commented by 足柄山の金太郎 at 2008-01-21 12:41 x
seendipityさん、今年も、よろしくです!
今年のライブも、参加されますか?

morinikurasuさん、ご無沙汰です。
今、慌しいことと存じます。 これも、何本か「コレクション」にお加え下さい。 このお値段で、このすごい香味、これは、只者じゃあありません。
Commented by モルト大好き at 2008-01-26 13:16 x
はじめまして
先日は訪問ありがとうございました
オールドパー クラシック 18年 まだ飲んだことがないんです
でも、かなりおいしそうですねぇ
涎が出てきました (^¬^)ジュル...
一度飲んでみたいと思います

これからもよろしくお願いします


<< ご無沙汰しました!!      『 太刀魚 』 のさしみ >>