『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 05日

『竹鶴』 テイスティング会

11月2日(金)、午後7時より、我が家で、ときどき来ていただく友人2人との計3人で、ニッカさんの 『 竹鶴 』 をテーマに愉しむこととした。

今時、そう珍しくもないが、『 竹鶴 』 の垂直展開を試みた。 

それも、全て、この日、その場で開封すること自体は、そうどこでもあることではなかろうか、と思うのだが、如何なものだろうか。

d0041872_15452387.jpg

・ 12年  660ml  40%

・ 17年  700ml  43%

・ 21年  700ml  43%

・ 35年  750ml  43% (2006年発売)
d0041872_9551691.jpg


・ 12年
 バニラ香がします。 アルコールの「つん」、とした感じもします。 樽香も感じます。 加水すると、安っぽい香水の香りがしますが、嫌な香りではありませんよ。 お値段を考えたら、すごいウイスキーだと思います。

・ 17年
 バニラ香を感じます。 12年に比べたら、アルコールの「つん」とした感じは、柔らかく感じます。 12年の延長だと言う感じが、はっきりします。

・ 21年
 すごく美味しい香りです。 オレンジ様の香りも感じます。 蜂蜜の香り。フルーツ様の感じもします。 バニラアイスです。 ビターチョコの感じもします。 何たって、「ワールド・ウイスキー・アワード」(WWA)でピュアモルト部門のチャンピオンとなったウイスキーですから、実力のほどが伺えます。 加水すると、ピーチ、ピーチの香りを感じます。そう、あの西ハイランドのオーバンを思い出しました。

・ 35年
 これは、栓を開けた段階で、すごく素晴らしい香りが部屋じゅうに広がりました。
 並みのウイスキーの香りではありません。 上3本も素晴らしいウイスキーですが、これは、もう別物と言う感じです。 美味しい、極上のフルーツケーキです。 しかも、複雑な香り。加水せず、ニートでいただくべきウイスキーだと思います。 蜂蜜の香り。重たくどっしりとした重厚なフルーツケーキ(ダークフルーツケーキか?)。 オレンジの香り、バニラ香もします。 樽香も。 ビターチョコの香りです。 ああ複雑! しかも、美味い香りいっぱいです。 
じゅっくりと時間を掛けて味わうべきウイスキーだと思います。 今度買うことができるのいつかな??

d0041872_9553673.jpg

奥側が、ボトルからそのまま注いだもの。 手前は、加水したもの。
[PR]

by kintokijp | 2007-11-05 15:49 | ウイスキー | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://whiskies.exblog.jp/tb/6510204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 呑んだくれ at 2007-11-07 01:10 x
いぃな~~~~
私も読んでくだしゃい。
Commented by 呑んだくれ at 2007-11-07 19:39 x
すみません、漢字変換を間違えました。
「読んで」ではなく「呼んで」であります。
「竹鶴」ティスティング会に加えて欲しい!!!
と書き込みたかったのであります。
Commented by 足柄山の金太郎 at 2007-11-09 13:43 x
呑んだくれさん、 漢字を間違えてもかまわない、かまわないよ~。

いつも、ごひいきにありがとさんです。

この右のコンテンツのやや下の方、「お気に入りへ一飛び!」へ呑んだくれさんをリンクさせてもらったよ~。
よろしくで~す。

そでんが、「竹鶴」ば、12年、17年、21年は、旨か~。 じゃっど、35年は、もそっどすごか~!!。
Commented by 呑んだくれ at 2007-11-10 00:59 x
リンクいただきありがとうございます。
ニッカ仙台マイウィスキー塾で、講師の先生が、
「参加者は、ウィスキーファンをふやしてください」
(ニッカファンでなくウィスキーファンです)と言われたのを
感銘しております。

少しでも、ウィスキー飲みが増えることを祈り、
書き込みます。

Commented by 足柄山の金太郎 at 2007-11-10 08:17 x
「ウイスキーファンをふやしてください」と言う言葉は、嬉しい言葉ですね。
「俺は、Sなんか飲まねえ~」なんておっしゃる方を見ると悲しくなります。
また、「Nしか飲まないよ」と、おっしゃる方に出会っても悲しくなります。
N社にしても、S社にしても、その会社の方たちは、愛社精神はあっても、偏狭なお心の方はいらっしゃいませんですね。 S社とN社とは、交流もあるのですから。 巷の方々がご存知無いだけ。 呑んだくれさんが、おっしゃるように一人でも、ウイスキーが少しでも「好き」になってくれたら
ありがたいなあ、と私も思っています。
Commented by morupon at 2007-11-10 08:18 x
足柄山の金太郎様>
贅沢な垂直飲みですねぇ♪
Commented by 足柄山の金太郎 at 2007-11-12 10:04 x
moruponさん、ようこそ。
仰せのとおおりですね。何とも贅沢なテイスティング会でした。
よろしくお願いします。
Commented by 呑んだくれ at 2007-11-13 00:15 x
なんか、見たいような、見たくないような、複雑な気持ちです。
うらやましぃ~~~~~~


<< SMWS 33.62      読書の 『 秋 』 >>