『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 09日

ザ・ブレンド

 「ザ・ブレンド」は、ニッカさんが 昭和61年から出されているブレンデッドウイスキーです。
d0041872_13151489.jpg


d0041872_13155996.jpg


d0041872_13162928.jpg

「ザ・ブレンド」と言うネーミングは、現在のものだと思いますが、ご覧のように
 ” The Blend of Nikka  ” であります。 したがって、小生は、ニッカさんのホームページで確認するまで、 「ザ・ブレンド・オブ・ニッカ」だと思っていました。 後者の方が、このウイスキーの名の通りは、良いかと思っています。

味わいですが、素敵ですね。 ラベルの通りで、 モルトを、しかも、余市モルトが強調された味わいです。 早い話、美味い、やばい、です。

この「ザ・ブレンド」の兄弟製品は、かつて、ニューブレンド(通称、ザ・ブレンド丸瓶)、17年、グランドエイジ、セレクション、とありましたが、現在販売されているのは、「ザ・ブレンド」だけとなってしまいました。

しかも、ニッカさんのホームページでも、この製品の紹介は、「商品紹介」のコンテンツをクリックしただけでは、出て来ず、右のコンテンツのバーをクリックして、やっと出てくる状況です。

推測ですが、「竹鶴」シリーズが、出てきて、「ザ・ブレンド」の兄弟たちが消えて行った感じがします。 早い話、ニッカさんのアサヒビールさんの傘下に完全に入り、ピュアモルトとしてのシリーズで、「竹鶴」が世に出て、あいまいな「モルトベース」ウイスキーが次第に消えた、と言うことでしょうか。 しかも、「ザ・ブレンド17年」は、「鶴」も17年であったことが、消えたのではなかろうか、と推測できそうです。

と言うことは、この「ザ・ブレンド」も、消えて行くのかなあ、と思わざるをえません。

何とか、残って欲しい、と思うのは、小生の我がままでしょうか。

ご覧の通り、この「ザ・ブレンド」は、ラベルも、ボトルも、すごくシンプルだと思いませんか。素朴で肉厚なガラスのスクウエアなボトル。 でも、スクウエアだからと言って、ごつごつとした感じがしません。 角は、僅かですが丸みを帯びています。 ラベルは、ボトルの面積の割合にしては、凄く計算されているような気がします。小さめなんですね。 そのラベルも、ローマ字だけのシンプルなもの。 ラベルが小さいから中身のウイスキーの色がよく見えます。 もっとよく見ますと、このスクウエアの小さなラベルが、ボトルを引きたてているような感じがします。 いわゆる品が良い、と言うような・・・・。 したがって、この製品自体が、芯が一本通っているけれども、美味しそうに見えるのです。

こんなデザインが小生は好きです。 もちろん、このウイスキーも好きになりました。

まだ、世に出回っている間に、少しづつ買い足しておこうと思います。
[PR]

by kintokijp | 2013-12-09 13:16 | ウイスキー | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://whiskies.exblog.jp/tb/20080491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nikko81 at 2013-12-15 21:58 x
nikko81です。

フロムザバレルもそうですが、シンプルながら
味わいのある瓶にニッカっぽい印象を持ちますね。

そういえば、こちらも消え行くブルートレイン北斗星で
頂いたウイスキーもザブレンドオブニッカでした。

最近は、消え行く銘柄が多いですね。
その割には新しい銘柄が生まれることは少なく・・・
Commented by カネ at 2013-12-17 22:56 x
はじめまして
いつも楽しくブログを拝見させていただいていましたが、はじめてコメントいたします。
ザ・ブレンドは美味しいですよね
私も長らくブレンド・オブ・ニッカだと思っていました。
丸瓶、ザ・ブレンド、17年、セレクションの垂直ティスティングをよく自宅でしていましたが、何回やっても丸瓶以外は区別がつきませんでした(笑)
Commented by kintokijp at 2013-12-31 10:55
nikko81さん、いらっしゃい~。消えて行くのは、寂しいですね。ただ、サントリーさんも、ニッカさんも、シングルモルトブーム(ブームと言う言葉は、嫌いなのですが)で、恐らく、これから先を見据えた場合、キーとなるモルトの量が不足しているのではないかと思います(そう感じます)。その上で、安定的に供給できるような、しかも、「~らしさ」を軸としたラインナップを図っているように思います。 ともあれ、今後ともよろしくお願いします。

カネさん、いらっしゃいませ~・・・・。
そう、「ザ・ブレンド」は、美味しいですね。 区別がといいましょうか、どこかにあるわけなのですが、それだけ、モルトの量が多いのだと思いますし、丸瓶だって、似たような香味を持つ若いモルトの量が多いと思います。 それだけ秀逸なウイスキーなんだと思いますよ。 未だ、アップしてあるものは、販売されていますから、あるうちに求めましょう。そお~とね・・・(笑)。 どうか、今後ともよろしくお願いします。


<< ウイスキーの神さまから「日本ウ...      10年目のマイウイスキー 宮城峡編 >>