『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌

whiskies.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 30日

高濃度の 「 さつま無双 」 がうまい!!

梅雨真っ只中、蒸しますね・・・。

ここ最近、 「ロイヤルさつま無双」 と言う焼酎をロックでいただいております。

d0041872_18323850.jpg

お湯割りでいただいた際の写真 ↑ ↑

d0041872_18342146.jpg

芋焼酎であります。

この香り、癖になりますねえ・・・・。

「高濃度」、と謳っていますので、アルコール度数は、44%です。 小生は、普段が、ウイスキーをいただいていますので、この度数は、気になりません。

初めて、この焼酎をいただいたのですが、自分的には、うまい、と思っています。 独特の香りが何とも言えません。

さて、6月は、今日でお仕舞いです。

ご覧になり難い点は、どうかご容赦下さい。 未だ、慣れません・・・・。



[PR]

# by kintokijp | 2017-06-30 18:38 | 他 アルコール飲料 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 27日

Laohroaig LORE


2017年6月も、もうじき終了。 なかなかアップできません。
と言うのも、エキサイトブログの作成デザインが、大きく変わってしまい、小生には、すごく扱いづらくなってしまったのです。作者は、便利になったとお考えだと思うのですが、小生には、判らんことだらけ・・・・。と言うわけで、なかなかアップできずにいるのが、現状です。

と、ぼやいていても仕方が無いので、できる範囲でアップさせてもらいますね。
どうか、我慢して、ご覧下さい。そのうち、慣れるかな??

昨年、出ました「 ラフロイグ ロア 」です。 もう、ご存知の方は多いことでしょうね。

ピーティーですね。

炭を燃した時の香りです。煙い香りです。 かすかに、かすかにですが、フルーティーな香りを僅かにですが、感じます。 これが特徴でしょうか。でも、味は、甘いです。 「 ラフロイグ 」 そのもの、と言う感じです。
d0041872_18363058.jpg
あああ


[PR]

# by kintokijp | 2017-06-27 18:48 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 03日

2017 ゴールデンウィークは・・・・読書???

d0041872_14210172.jpg
世の中ゴールデンウィークです。 遊びに出たいのですが・・・・・。 ここは、静かに『 読書 』と言う手もありますねえ・・・・・・・。

しかも、ウイスキー関係の・・・。 積読となっているものをこの与えられた時間に読む、と言うのもいいですね・・・。

で、とりあえず・・・・。

ウイスキーをチビリンコ、チビリンコといただきながらこれらを読む、と言うのは良い考えかな・・・・???




[PR]

# by kintokijp | 2017-05-03 14:25 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 30日

SMWS 29.192

ご無沙汰しました。 まことに済みませんです。

更新できなかった。いやぁ~、金能力の欠如の結果ですね。

ウイスキーは、飲むことは、飲んでおったのですが・・・・。

ソサイエティーものです。
d0041872_1426737.jpg

29.192をご紹介します。
d0041872_14263927.jpg

会員の方でしたら、29番は、どこだかご存じのことです。

アイラは、『 ラフロイグ 』です。

熟成年数、21年。 長期熟成ですね。

蒸留は、1995年4月。

ボトリング数は、156本です。 世界中で、156本だけです。

リリースは、2017年1月。

アルコール度数は、58.1%。

ソサイエティーでのこのウイスキーの表現タイトルは、『 不愛想だが威厳のある紳士 』だそうです。

トップノートは、たき火の煙、ですが、甘い香りも感じます。

味は、通常製品のラフロイグと同様、甘味を感じます。

これを書くに当たり、今香りを嗅ぎますと、煙っぽさは、さほどせず、むしろ甘やかな煙と言うような不思議な感じがしますが、美味しい甘やかさ、とでも表現できるような感じです。

良い具合に育ちました。開栓から2か月半経過しているでしょうか。

素晴らしいウイスキーですね。
[PR]

# by kintokijp | 2017-04-30 14:26 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 26日

赤羽の「巨大豆大福」

2月25日(土)です。
友人の女性からすごく大きい(でかい、でかい)大福をいただきました。

まるで、おむすびのような大きさです。
d0041872_22231922.jpg


うまく表現できないのは、済みませんです。隣の消しゴムをご参考にして下さい。

で、お味は、大変あっさりしていました。餅です。餡は、小豆の味がしっかりと出ていまして、甘さでごまかしてはおりませんでした。

これ一つで、腹が膨れました。

旨かったよ!

ごちそうさまでした。
[PR]

# by kintokijp | 2017-02-26 22:27 | グルメ | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 29日

お正月は、『大吟醸 ゴールド賀茂鶴』でした

平成29年、おめでとうございます。 

元旦、暮れに戴いた 『 大吟醸ゴールド賀茂鶴 角瓶 』 を開けました。 久しぶりに戴くゴールド賀茂鶴です。

この酒は、既にご存知だとは思いますが、三年前オバマ前アメリカ大統領が来日された際に出されたそうです。

ちなみに、賀茂鶴酒造さんのホームページからは、こんな具合でした。

小生のも、全く同じ角瓶でした。(おおっ~!!)

アルコール度数 16%。

日本酒度 +1.5。

酸度 1.2.

上品な旨み、甘からず、かと言って辛ら過ぎず、バランスが非常にとれていますね。

昔、昔、この銘酒は、手に入りにくかったものでした。が、今では、容易に入手できるのは、大変嬉しいですね。 

京都へ行った際の岐路、お弁当と共に、この銘酒ぼ1合瓶(丸型)を求めるのが常となっております。

あっ、この角瓶には、桜型の金箔が二枚入っていました。

d0041872_21442238.jpg
めでたい、めでたい! 正にお正月の清酒です。
グラスの底に 桜型の金箔が・・・・・。 とても綺麗でした!
d0041872_21444572.jpg


みなさん、どうか、今年も、ご贔屓によろしくお願いします。

[PR]

# by kintokijp | 2017-01-29 21:44 | 清酒 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 26日

カガミ製のワイングラス と CHÂTEAU LA ROSE BEAUSEJOUR

先日のロックグラスを求めた日に、ワイングラスも求めました。 ボルドータイプです。

素敵なグラスでした。 で、衝動買いです!

グラスの脚部が八角形です。

まずは、全体像です。
d0041872_20302129.jpg


次に、グラス上部からの眺めです。
d0041872_20314389.jpg


もう少し拡大してみます。
d0041872_20323736.jpg


脚部です。
d0041872_20331514.jpg


斜め下からの眺めです。
d0041872_20334590.jpg


美しい形のグラスです。

日曜日に、手で取りやすいところにあったものが、この赤ワインでした。
「 シャトー ・ ラ ・ ローズ ・ ボセジュール 」 と読むのでしょか?
d0041872_20394872.jpg

フランスからおいでになった方からいただいたものかな? それとも、愚息が持って帰ったものかな?
いいかげんですねえ~・・・。
d0041872_2040320.jpg


産地は、ボルドーは、ジロンド河畔、コート・ドウ・ボルドー。
セパージュは、残念ながら判りましぇーん。

アルコール度数は、13.5%。

開栓してから、2時間ほど経ったところで、香味を確認。

色は、素敵なガーネット色です。色に濁りがありません。

香りは、カシス様の素敵な香りで、重たい感じではありません。
しして、みずみずしい果物を感じます。

口に含むと、爽やかな酸味と、程よい渋みを感じました。
甘みも感じます。

ミディアムボディでしょうか。 ミディアムボディです。
d0041872_2059141.jpg

後味は、すっきり、でした。

ともかくも、うまいです。 ぐいぐい、行けそうです。

この日は、ありあわせのチーズ、 18ヶ月のミモレット、デンマークブルー。 デンマークブルーは、ピリピリ感がありません。 味が、穏やかなブルーチーズです。 そして、トン汁。 トン汁と合うわ! 恐らく、ミディアムボディだからでしょうか?

明日になったら、愚息がみんな飲んでしまうかも・・・・。

ああ! うまかった!

ワイングラスを買ってくれた妻に感謝です。
どうもありがとう。

そして、美味しいワインを下さった方に感謝です。
どうもありがとう。

[PR]

# by kintokijp | 2016-12-26 21:00 | ワイン類 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 18日

カガミさんの切子のグラス

昨日、カガミクリスタルさんの切子のロックグラスを求めてしまいました。

今まで、色つきのグラスには、関心が無かったのですが、これを見た途端、美しいので、思わず欲しくなり、購入してしまいました。

d0041872_9302070.jpg


d0041872_9304770.jpg


d0041872_931686.jpg


d0041872_9312261.jpg


で、早速、グラスにウイスキーを注ぎました。

もう、寒いので、このところ、ウイスキーのお湯割をいただいてます。

d0041872_9323640.jpg


d0041872_9325323.jpg


お湯で割ると、香りが広がります。

寒い冬、みなさんも、「 お湯割り 」、 如何でしょうか?

d0041872_934070.jpg


カットの部分が唇に触れるのですが、既に、小生は、キクチタケオ氏のデザインのロックグラスが、やはり、グラス上部までカットされていますので、経験済みで、これは、これで楽しんでいます。

どうです? ウイスキーを注いだグラスですが、ウイスキーの色との相性、そう悪くないと感じたのですが・・・・。

小生にとって、また素敵なグラスが、仲間入りしました。

この日のウイスキーは、ニッカさんの先日にアップしました 「 ブラック ブレンダーズ スピリット 」 です。
甘やかな香りが、お湯で割ったことにより部屋中に広がりました。

開栓して、一月以上経過しました。 香味が開きました。

さて、また、一生懸命働きましょう!

このグラスを購入するきっかけを作って下さった長谷川氏に感謝をいたします。
どうもありがとうございました。

[PR]

# by kintokijp | 2016-12-18 09:45 | その他 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 30日

2016年11月も、今日で終わりだ! おっとっと!

2016年11月も、今日でおしまいです。

11月、空白になるところでした。

この11月1日に限定発売となったウイスキー・・・・・、もうご存知ですよね。

『ブラック ブレンダーズ スピリット』が、世に出ました。

小生も、この日を待っていた一人です。

で、早速、会社の岐路寄ったお店には、残念でしたが、未だ置いていませんでした。

帰宅してから、頭を一ひねりし、考えました。

そうだ、確か、ドンキホーテさんにも、酒類のスペースがあったことを思い出しました。

リユックを背負っていざ、買い出しに・・・。

あった!、ありました!! 但し、6本だけ。で、全部ひとり占めするのも、忍び難いので、4本購入し、あと2本は、『ブラックニッカ ディープブレンド』を求めました。

で、早速開けてみました。
d0041872_2261292.jpg


d0041872_2264660.jpg

衣装は、紺碧のフロスティボトルで、高級感があります。 このフロスティボトルで、確か、2005年に『誕生40周年記念限定製造ブラックニッカ12年』が、出た時のことを思い出させてくれました。 押入れに確か、未だ残っています。

アルコール度数は、43%。

開栓しました。

あれ???、自分が抱いていた香りが弱~い・・・・・・。 ????

そう、これをいただく前の日まで、やや香味の強いウイスキーたちをいただいていましたので、香りが弱い、と感じたのでしょうか、ね。

味、どちらかと言えば、カフェグレーンの甘やかさを感じます。モルトよりも、グレーンの方が勝っているような感じを受けます。(本とかよ?)宮城峡モルトの特徴も、感じますが、弱い。
d0041872_227306.jpg

現在、約ひと月経過したわけですが、開栓した直後からみれば、かなり香味が開いたかと思います。

甘やかな香り、甘やかな味ですね。

さて、もっと購入しますか?、と問われたら、どうお答えしましょうか。(答えは、購入した日に出ました)

原酒が少なくなって、増産に入っていると思いますが、飲むことができるのは、少なくとも約10年以上と考えると、厳しいものを感じます。

未だ、市場にありますので、お飲みになることをお勧めします。
[PR]

# by kintokijp | 2016-11-30 22:07 | ウイスキー | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 30日

友人が開催したイベントに参加!!

久しぶりの公式、非公式を含めてのウイスキーイベントに参加しました。

通称GIANさんからお声がけいただき、参加させていただきました。

10月29日の参加。 本日も、二部として、あります。

中野坂上にある会場へ入り、GIANさんを見つけて会費を払い、空いている席に着席し、既においでになっていらっしゃる方へご挨拶。

しばらくすると、お店の方が、最初のボトルリストから3種類が入ったそれぞれのテイスティンググラスを配って下さいました。
d0041872_168060.jpg

で、GIANさんの今日の会の趣旨と、3種類の説明をされ、各自テイスティングに入りました。
最初の3種類のうち、一つがクイズのウイスキー。 小生は、大外れでした(笑い)。

有料試飲ボトルもありましたが、会費でいただけるのが、11種類もありますので、そちらまで手がでませんでした。

会費分のボトル、錚々たる凄いものばかりでした。

・Benriach 1972 34yo 49.7% Official

・Bruichladdich 1986 16yo 52.5% Kingsburry Celtic

・Carsebridge 1984 41yo 47.6% Kingsburry (Grain)

・Glen Esk 1970 31yo 56.9% Duglas Laing Platinum Selection

・Glen Grant 1972 33yo 52.4% Scotch Malt Whisky Society 9.40

・Glen Mhor 1982 30yo 50% Duglas Laing OMC

・Glenfarclas 1965 40yo 57.2% Scotch Malt Whisky 1.130

・Glentauchers 1975 35yo 47.3% The Whisky Agency

・Longmorn 1969 39yo 58.9% Gordon & MacPhail Celtic for Mashtun Tokyo

・Strathisla 1968 35yo 43% Duncan Taylor Peerless

・Tomatin 1976 33yo 51.2% Dhinanoya


どれも、これも、お時間が限られていますので、じゅっくりと戴くと言う訳にはまいりませんでしたが、素晴らしいものばかり、『 時 』 を感じさせるものばかりで、ただただご提供いただけたのは、大変ありがたく思いました。

感謝、感謝 です。 

どうもありがとうございました

主催者の入社「30年を迎えた」ことに対しての大イベントにふさわしいものばかりでありました。
(ご提供いただいたウイスキーが、30年オーバーの貴重なものばかり)
[PR]

# by kintokijp | 2016-10-30 16:08 | イベント | Trackback | Comments(0)